国産キャブコンの「SAKURA」は、いすゞ・Be-camがベースの本格派【東京モーターショー2019】

さくら 東京モーターショー2019

●東京モーターショーにはキャンピングカー展示エリアもある!?

見所満載の東京モーターショーでは、数台ですが最新のキャンピングカーもチェックできるエリアがあります。

ここはJCTAのカートラエリアで、場所は東京モーターショーの「OPEN ROAD(シンボルプロムナード公園)」。東京テレポート駅のすぐ近くで、MEGA WEBの観覧車がすぐ近くに見える好立地です。

さくら 東京モーターショー2019
NTBキャンピングカーによる国産バンコン「SAKURA」は、いすゞのBe-cam 1.5tがベース

埼玉県越谷市にある日本特殊ボディー(NTBキャンピングカー)が出展しているキャブコン(キャブコンバージョン)の「SAKURA」は、いすゞのキャンピングカー専用シャーシである「Be-cam(ビーカム)」1.5tをベースに、日本特殊ボディーが仕立てたキャブコン。

ボディサイズは全長5150×全幅1940×全高2940mm。サイズは大きいものの、キャブコンの利点を活かして小回りが利くのが特徴で、宅配便のクルマが入っていける場所であれば同じように走れるそう。

さくら 東京モーターショー2019
写真はリヤ常設ベッドタイプ

タイプが全部で5つあり、リヤエントランスのスタンダードタイプは、乗車人数が9人定員/6人就寝。リヤ常設2段ベッドのファミリータイプは、乗車人数が7人定員で、7人まで就寝可能。バランスがよく使いやすいリヤ常設ベッドタイプの「リヤシングルベッドタイプ」は7人定員/6人就寝。

ゆとりあるリヤ常設ダブルベッドのリヤダブルベッドタイプは、7人定員/7人就寝。そしてゆったりくつろげるワイドなラウンジタイプのワイドラウンジは8人乗車、7人就寝。

さくら 東京モーターショー2019
広々したシンクで使い勝手も良さそう
さくら 東京モーターショー2019
バンクベッドも備える

いずれもシンク(キッチン)、多彩な収納スペースを備えていて、本格的なキャンピングカーにふさわしい快適性を備えています。さらに、オリジナルオーダーシステムもあり、自分だけの理想の仕様に仕立ててもらうことも可能です。

さくら 東京モーターショー2019
キャブコンらしくゆとりのある室内空間が魅力

ベース車には、クラス初のステレオカメラによる前方検知システム(プリクラッシュブレーキ、車線逸脱警報、誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能)を搭載するほか、コネクテッドキャパー(車両コンディションを常時モニタリングし、故障やトラブルを未然に防ぐいすゞのサービス)、電子式車両制御システムにより、横滑りや横転の可能性があると警報を発して、さらにエンジンや6輪ブレーキの制御が行われる安全運行システムも搭載されています。

価格は現在改訂中のため、日本特殊ボディーへの問い合わせで確認してください。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連リンク】

日本特殊ボディー(NTBキャンピングカー)
https://www.ntbcamp.com/

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事