広範な事業分野を生かして社会課題解決に取り組むアイシングループ【東京モーターショー2019】

■持続可能な社会を目指す高邁な取り組み!

自動車部品大手のアイシングループのブースでは、グループ各社がカバーする幅広い事業領域と高い専門性を生かして、社会課題の解決にチャレンジしていくことをアピールしていました。

アイシン精機の伊勢清貴社長
アイシン精機の伊勢清貴社長

なかでも大きなテーマが電動化を通じた取り組みです。同グループは2004年に、部品メーカーとしては初めてハイブリッドシステムの開発に成功しましたが、その後も開発を続け、現在ではハイブリッドやEV向けのeアクスル(モーターやインバーターを車軸と一体化したもの)で世界的な評価を得ています。自動車の電動化率を高めることで効率を高め、CO2を削減し、温暖化防止に貢献しているわけです。2020年にトヨタが投入するピュアEV「IZOA」向けのeアクスルも量産が始まることがアナウンスされました。

2モーター式ハイブリッド
2モーター式ハイブリッドシステム
eアクスルのカットモデル
eアクスルのカットモデル

もうひとつ、安全な移動・輸送に関する取り組みも興味を引くものでした。たとえば自動車関連事故の30%が駐車場で発生していることに対し、同グループが2003年以来磨き上げてきた自動駐車技術を役立てようとしています。先ごろ発表されたトヨタ・ヤリスには、ハンドル操作はもちろん、アクセル&ブレーキ操作も不要の新しい自動駐車システムを投入しましたが、来年には愛知県内で進めている自動バレー駐車(ドライバーがいなくても車両が自律的に入出庫するシステム)の実証実験を本格化させるといいます。

クルマに使われているアイシングループの部品
クルマに使われているアイシングループの部品の配置モデル

運転中のドライバーの状況を検知するシステムも目覚ましい進化を感じさせました。この技術では、2006年にレクサスGSに初採用されたドライバーの顔の向きを判定する仕組みが先駆けでしたが、現在では目の開閉や視線の向きなども把握できるようになり、さらに骨格から車室内の様子を知る仕組みも開発中とのことです。

ドライバーモニターシステム
ドライバーモニターシステム

豊かな社会づくりへの貢献としては、高齢者の外出機会を創出する「チョイソコ」というサービスもあります。このサービスは同グループが愛知県豊明市で実証実験を進めているもので、利用者が目的地とする店舗などと協力して運行する独自のもの。税金や補助金などへの依存度が低く、持続可能な公共移動手段をして注目を集めています。利用者もすでに1300人に達したということです。

チョイソコスライド
チョイソコの説明スライド

自動車部品メーカーというと、ミクロな視点にこだわる企業なのかと思いがちですが、アイシングループのビジョンは、地球と社会といった視点に立った高邁なものでした。ぜひその取り組みをアイシングループブースで確かめてください。

(文と写真:角田伸幸)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事