ボルボ初の量産EV「XC40」のデビューは10月16日。ティザースケッチが公開

ボルボ XC40 EV外観_003

●ボルボ初のEVは「XC40」に設定。グリル&テールパイプレスなデザインに

ボルボは、ブランド初となる量産EVを人気コンパクトSUV「XC40」に設定することを発表していましたが、そのティザースケッチが初公開されました。

ボルボ XC40 EV外観_003
ボルボ XC40 EV ティザースケッチ

公開されたイメージからは、フロントグリルを持たずパネルに置き換えられたフロントエンド、テールパイプレスにあわせて再設計されたリアバンパーが確認できます。

ボディと同色で仕上げられるカバー付きフロントグリルには、同社の新しい先進運転支援システムプラットフォーム用のセンサーも収容されます。

ボルボ XC40 EV外観_008
ボルボ XC40 EV ティザースケッチ

キャビン内では、電気自動車専用に設計された新しいドライバーインテーフェイスが装備され、ドライバーはEV関連の情報に対応可能となるようです。またスポーティなデザインディテール、リサイクル素材で作られたカーペットなどが装備されるといいます。

ホイールは新デザインの19インチと20インチ大径ホイールが用意されます。ボディカラーはセージグリーンメタリックを含む全8色がオプション設定され、ブラックルーフが標準装備されると伝えられています。

パワートレインに関する詳細は発表されませんでしたが、CMAプラットフォームを採用する「ポールスター2」と同じセットアップを使用する予定です。ポールスター2では、78kWhのバッテリーパックと2台の電気モーターを組み合わせ最高出力402hpを発揮しますが、XC40のEVバージョンではデチューンされると予想されます。

ワールドプレミアは、10月16日に決定しています。

(APOLLO)

『ボルボ』の最新記事
新型ボルボS60に30台限定で設定された「S60 T8 Polestar Engineered」は919万円でも即完売の勢い!?【新車】
ドイツプレミアム御三家に対抗できる動的質感と高い安全装備、少し小さくなったボディサイズが魅力【ボルボS60試乗】
ボルボ初の100%電気自動車「XC40 Recharge」は400馬力以上で400kmを走行可能【新車】
ボルボのガソリンエンジン
ボルボ・カーズからエンジン事業が独立、吉利汽車(ジーリー)と共に一大エンジンサプライヤー誕生。将来的にはロータスにも供給予定!
ボルボ XC90がマイナーチェンジ。自慢の安全装備を強化し、特別仕様車の「XC90 D5 AWD R-Design」も設定【新車】
ボルボ XC40 EV外観_003
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事