新型ポルシェ・マカンターボの予約受注がスタート。価格は12,191,667円【新車】

●ダウンサイジングしながら先代モデルとくらべて出力を増強

絶大な人気を誇るポルシェのSUVマカンに加わった、新型マカンターボの予約受注が2019年10月1日から開始されました。価格は12,191,667円で、7速PDK、右ハンドルになります。

ミドルサイズSUVトップモデルと位置づけられている新型マカンターボは、大幅に改良された2.9Lの直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は324kW(440PS)。排気量は先代より20%ダウンサイズしながら、出力を10%増強。

ポルシェ マカン ターボ
10月1日から予約受注が開始されたマカンターボ。発売日は決まり次第発表される

さらに、オプションのスポーツクロノパッケージを使うと、静止状態から4.3秒で100km/hに到達(先代よりも0.3秒短縮)し、最高速度は270km/h(同プラス4km/h)となります。

ポルシェらしくブレーキも強化されています。新マカンターボには、最適化されたシャーシの一環として、パワフルな「ポルシェサーフェスコーテッドブレーキ(PSCB)」が標準装備されます。

新しいトップモデルは、ターボ専用フロントエプロンやダブルウイングデザインによる固定ルーフスポイラーなど、ユニークなアクセントで際立つ外観も見どころ。内装には、標準化された18ウェイのアダプティブスポーツシートやBOSEサラウンドサウンドシステムなどが用意されています。

ポルシェ マカン ターボ
ポルシェ・マカンターボのインパネ

さらに、完全にネットワーク化された標準装備の10.9インチフルHDタッチスクリーン搭載の「ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)」は、14個のスピーカーと665Wの出力を備えたBOSEサラウンドサウンドシステムに接続されます。リアルタイム交通情報とスマートな音声操作によるオンラインナビゲーションも用意。

ほかにも、「Porsche Connect」には、LTEテレフォンモジュール、外部SIMカード用スロット、Wi-Fiホットスポットなどの多数のサービスが用意されます。

ポルシェ マカン ターボ
ポルシェ・マカンターボのリヤビュー

オプションでは、室内の空気質を改善するイオナイザー、アダプティブクルーズコントロールを含む新しいトラフィックジャムアシストも設定。このシステムは、60km/hまでの速度でセミオートマチックによる加速と制動が行われ、渋滞や低速交通での運転がサポートされます。

(塚田勝弘)

『ポルシェ』の最新記事
渋谷パルコのリニューアルオープン1周年を記念してポルシェ911のアートカーを展示
PEC東京
森田健作千葉県知事も大歓迎!!ブランド体験施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」木更津市に日本で初めて開設
ポルシェ ヴィジョンE_001
ポルシェ・タイカンはこれから始まった! 秘蔵モデル「ヴィジョンE」を初公開
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事