【SUPER GT 2019】第7戦SUGOでは予選大健闘のModulo勢。そしてGT500決勝で64号車が2位表彰台!(PR)

予選Q1全体でのトップタイムを叩き出した34号車の大津弘樹選手

9月21、22日、宮城県のスポーツランドSUGOで開催の「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 7 SUGO GT 300km RACE」。21日にはその予選が行われました。

Modulo KENWOOD NSX GT3
予選に挑むModulo KENWOOD NSX GT3

予選日の午前中に行われたフリー走行でかなり快調にタイムを重ねていくGT300クラスの34号車 Modulo KENWOOD NSX GT3。かなり攻め込んだ走りに手応えを感じている様子。

大津弘樹選手
予選直前の大津弘樹選手

予選直前に大津選手にお話をうかがうと「かなり調子よくメニューをこなして行けました」と語ります。

Modulo KENWOOD NSX GT3
Q1をBグループでアタックするModulo KENWOOD NSX GT3

この第7戦の行われるスポーツランドSUGOでは、コースの規模からGT300クラスが一斉に予選Q1を走行するとタイムアタックをしきれないマシンが出たり、またアクシデントも多くなりがちで赤旗中断なども頻発するために、2018シーズンから2グループ制のQ1が行われており、この第7戦SUGOでModulo KENWOOD NSX GT3はQ1をBグループとしてアタックすることとなります。14時18分に始まったBグループの予選Q1。ウォームアップからタイムアタックが始まりだす残り時間5分ほどのところで大津選手が1分18秒前半のトップタイムを出すと、各車がそれを目指してタイムアタックをしていきます。

Modulo KENWOOD NSX GT3
Q1を全体のトップタイムで突破したModulo KENWOOD NSX GT3

これまでの予選ではアタックラップを1周すればそれ以上にタイムが上がらない場合が多かったModulo KENWOOD NSX GT3でしたが、このSUGOではさらにタイムを伸ばしていきます。そして翌周には1分18秒181を叩き出します。結局予選Q1のBグループでこのタイムを超えるチームは現れずトップタイムのままQ2への進出を果たします。

Modulo KENWOOD NSX GT3
Modulo KENWOOD NSX GT3が遅いわけではないが、Q2では他車がタイムアップしてきます

Modulo KENWOOD NSX GT3が遅いわけではないが、Q2では他車がタイムアップしてきます続く予選Q2では道上龍選手がドライブを担当します。またもトップタイムでポールポジション獲得か? と思われたQ2ですが、ライバルチームの中にはQ1から大きくセッティングを変えてQ2に臨むチームが出てきます。ポールポジションを獲得したチームはQ1からQ2で約1.5秒もタイムを上げてきました。そのことについてQ2を担当した道上選手は「うちのマシンが遅いということはなかった」としながら「GT300のQ1のあとGT500のQ1をはさんでのQ2は、路面に(タイヤの)ラバーが乗ってタイムが上がるのは普通のことなんですが、1周3kmほどのSUGOで1秒以上もタイムが上がるというのはちょっとイメージできなかった」とライバルチームとの対比を語ります。

道上龍選手
Q2を担当する道上龍選手

ただし速さはある、ということなので決勝へ向けてのお話をうかがうと「SUGOはコース幅が狭いのでコーナーで抜くことは無理があります。レースとなればストレートで速いマシンの方が有利といえるでしょう」と語ります。

Modulo KENWOOD NSX GT3
ストレートでの速さがあるModulo KENWOOD NSX GT3

ストレートスピードに強みがあるといわれるModulo KENWOOD NSX GT3は9番手スタートではありますが、最終的には上位への進出が期待されます。

決勝でタイヤ選択をミス。しかしレース終盤では10台抜きで「魅せた」34号車

9月22日の決勝ではスターティンググリッドに並び始める頃に降り出したごく細かい雨でタイヤの選択を迫られ、スターティンググリッドは慌ただしくなっていきます。

Modulo KENWOOD NSX GT3
決勝でのタイヤ選択に悩むModulo KENWOOD NSX GT3

GT300の34号車 Modulo KENWOOD NSX GT3はスターティンググリッドでのタイヤの判断をスリックタイヤとしていました。

道上龍選手
天候が気になるのか、渋めの表情の道上龍選手

しかし、このスリックタイヤという判断で序盤に勝負権を失ってしまったModulo KENWOOD NSX GT3。「もっと早くピット・インするとか、それこそ2ピット作戦とか選択肢はありましたが、時折雨が弱くなるところで判断が鈍りました」と語るのはスタートドライバーだった道上龍選手。

Modulo KENWOOD NSX GT3
Modulo KENWOOD NSX GT3はスリックタイヤを選択。コロコロ変わる路面状況は判断が難しい

結局の所、予選9番手からスタートしながらタイヤチョイスで23番手にまで順位を落とすことになってしまいます。

Modulo KENWOOD NSX GT3
大津選手にドライバー交代をするModulo KENWOOD NSX GT3

そんな状況下でピットインをし大津弘樹選手に交代をしてレースに復帰します。

大津弘樹選手
大津弘樹選手のヘビーウェットでの走りは凄かった!

その大津選手、ヘビーウェットになってからの巻き返しは凄まじく、コーナーのあちこちが川となっている状況下でも臆することなく攻め続け1分30秒台を連発しながら追い上げていきます。

Modulo KENWOOD NSX GT3
10台抜きを魅せたModulo KENWOOD NSX GT3

それこそ目の前にいる敵は全て噛み付いていく猛獣のような走りには感動すら覚えます。「雨は好きじゃない」と語りながらも今シーズンのレースは雨が多いことから実績を積み上げていったとも言える大津選手。最終的には13位でチェッカーを受けることとなり10台ものライバルを抜いてみせたのです。

Modulo KENWOOD NSX GT3
ヘビーウェットの中、怒涛の走りをみせるModulo KENWOOD NSX GT3

「正直な話、このコンディションで13位まで順位をあげられるとは思っていなかった」と道上選手が語るように大津選手の成長は著しいと言えるでしょう。しかしオートポリスに続きSUGOでもポイントを獲りこぼしてしまったことは大きな痛手であることは間違いありません。

Modulo KENWOOD NSX GT3
13位でチェッカーを受けたModulo KENWOOD NSX GT3

次戦、最終戦のツインリンクもてぎで大きく挽回してくれることを願ってやみません。

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。