「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」が日本初公開【東京モーターショー2019】

SUBARU東京モーターショー

●SUBARUのデザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」の最新版が参考出品

2019年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開されたコンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト)」が東京モーターショー2019に参考出品されます。

SUBARU東京モーターショー
東京モーターショーに出展される「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」

SUBARUのデザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」の最新版であり、最も発展させたのが同コンセプトカー。より大胆なデザイン表現を通じて、同ブランドの持つ世界観を広げ、特徴をより際立たせることを目指す「BOLDER」の考え方にもとデザインされた初のコンセプトカー。なお、「BOLDER」は「DYNAMIC×SOLID」の次のステージのデザイン言語です。

コンセプトカーの「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」は、アクティビティをサポートするユーティリティ、さらに「道を選ばず、速く、意のままに駆け抜ける愉しさ」が得られる走りを目指して開発されたそう。

SUBARU東京モーターショー
最新の「BOLDER」に基づきデザインされた「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」

空前のSUVブーム、アウトドアブームが続いていますが、同モデルは、アクティブマインドを持つ人の「大自然の中を想いのままに走り回りたい」という気持ちを駆り立てるスポーツヴィークルというコンセプトが盛り込まれています。

SUBARU東京モーターショー
「SUBARU BRZ GT300 2019」も出展

東京モーターショーではほかにも、2019年のSuper GT参戦車両である「SUBARU BRZ GT300 2019」も出展されます。

(塚田勝弘)

『SUBARU』の最新記事
冬の名物・SUBARUゲレンデタクシー2020の会場で「SUBARU冬のオフ会」が開催中!
STIパフォーマンスパーツを採用たインプレッサ スポーツに試乗。その仕上がりは?
新型レヴォーグSTI Sport(東京オートサロン)
最大熱効率40%超! スバル新型レヴォーグの1.8Lターボエンジンはリーンバーン採用で高効率を実現【SUBARU技術ミーティング】
SUBARUが2020年代前半にトヨタのTHSを使ったストロング・ハイブリッドを搭載へ。アイサイトはAIを使用
アイサイト・ツーリングアシストを全車標準装備。新しくなったバンパーデザインでルックスも変更【最新インプレッサ スポーツ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事