【SUPER GT 2019】ラスト5分の大逆転!オートポリスのGT300は SYNTIUM LMcorsa RC F GT3のメモリアルWIN!

YNTIUM LMcorsa RC F GT3

9月8日に大分県のオートポリスで開催された「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 6 AUTOPOLIS GT 300km RACE」決勝レース。14時30分に、そのスタートが切られました。

HOPPY 86 MC

HOPPY 86 MC7日に行われた予選でダントツのトップタイムをマークした25号車 HOPPY 86 MCがポールポジション。続く2番手グリッドには52号車 埼玉トヨペットGB マークX MCと、フロントローはマザーシャーシ勢が独占します。

レーススタート
GT300のレーススタート

14時30分、白バイやパトカーが先導するパレードラップからフォーメーションラップに続いてレースがスタート。このスタートはHOPPY 86 MCが素晴らしいダッシュを決めて一番最初に第1コーナーへ飛び込んでいきます。

グッドスマイル 初音ミク AMG
グッドスマイル 初音ミク AMG

またこのスタートラップで上手くポジションを決めた4号車 グッドスマイル 初音ミク AMGが4番手に上がり予選3位だったD’station Vantage GT3が5位までポジションを下げてしまうことになります。

スタートから順位の入れ替わりの激しい展開となったオートポリス戦ですが、序盤早々にGT500マシンのアクシデントにより3周目にセイフティーカー(SC)が導入されトップグループのアドヴァンテージがほぼゼロとなってしまうこととなります。

SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ R&D SPORT

そのSC導入中に61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTがスローダウン。SC解除となるとすぐさまピットインしますがミッショントラブルによりそのままリタイアとなってしまいました。

1回目のSC後のバトル
1回目のSC後のバトル

SUBARUが脱落したのちのSC解除後は上位4台による激しい攻防が続きます。しかしスタート時に見せた速さを見せていなかったのはHOPPY 86 MC。タイヤ温存を狙っていたのでしょうか、HOPPYは12周目には埼玉トヨペットにトップの座を譲ってしまいその後もじりじりと後退していきます。

埼玉トヨペットGB マークX MC
埼玉トヨペットGB マークX MC

トップに立った埼玉トヨペットGB マークX MCは、マザーシャーシとブリヂストンタイヤという巷で最強の組み合わせと噂されるポテンシャルで2位以下に徐々にアドヴァンテージをつけようとしていきますが、18周目に思わぬ事態が訪れます。

セイフティーカー
セイフティーカー

突然降り出した雨により第1コーナー周辺はウェットコンディションになってしまいますが、そのほかのコースではドライ路面という難しい状況。そして雨はコース全域で降り出し30周を過ぎたあたりでレインタイヤを選択するチームはピットインを始めます。その後、雨は小降りになってきたのでスリックタイヤに交換するチームも現れます。そんな状況下での34周目、22号車 アールキューズ AMG GT3がクラッシュしてしまい2度目のSCが導入されます。

PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE
PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE

この段階でウェットタイヤ、スリックタイヤ、まだピットインしていないスリックタイヤを履いたチームが混在する状態となり順位が大幅に変わります。40周目にSCが解除になるや否や9号車 PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHEがコースアウト。43周目から3度目のSC導入となってしまいます。

ARTA NSX GT3
ARTA NSX GT3

49周目にSC解除となると2度目のSCの前にレインタイヤを選択したチームが上位へと上がってきます。その筆頭は55号車 ARTA NSX GT3。一気にポジションを上げていきトップに躍り出ます。

ARTA NSX GT3
ARTA NSX GT3

しかしARTA NSX GT3は先のピットアウトで他のマシンと接触してしまいドライブスルーペナルティとなって順位を落としてしまうことになります。

McLaren 720S
McLaren 720S

そしてその後に速さを見せたのが720号車 McLaren 720S。88 号車マネパ ランボルギーニ GT3を58周目に追い抜いてトップに浮上します。

McLaren 720SとSYNTIUM LMcorsa RC F GT3
McLaren 720SとSYNTIUM LMcorsa RC F GT3

しかし徐々に路面が乾いてきた終盤、なんとラップタイムで6秒以上も速いというものすごい勢いで追いついてきたのが60号車 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3。スリックタイヤで我慢を重ねてきたSYNTIUM LMcorsa RC F GT3が路面の乾きとともに上位へあがってきたのです。

SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3

そしてラスト4周でMcLaren 720Sを抜いてトップ浮上、そしてチェッカーフラッグを一番最初に潜り抜けたのです。

LMcorsaのドライバ^と監督
LMcorsaのドライバ^と監督

ウェットの不利な条件の中ラストのドライに賭けて粘りに粘ったSYNTIUM LMcorsa RC F GT3。チームとしては今季初優勝となります。

YNTIUM LMcorsa RC F GT3
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3

また吉本 大樹はSUPER GT参戦100戦目というメモリアルなレースで優勝という二重の喜び。そして宮田 莉朋選手はSUPER GT初優勝となりました。

SUPER GT 2019第6戦オートポリスのGT300表彰台
SUPER GT 2019第6戦オートポリスのGT300表彰台

2位のMcLaren 720Sは参戦初年度で初の表彰台となりました。

吉本 大樹選手と宮田 莉朋選手
吉本 大樹選手と宮田 莉朋選手

今回のオートポリス戦を波乱と言わずになんといえばいいのでしょう。そんな激しい大波乱を目の当たりに出来たという意味ではこのオートポリス戦は歴史に残る1戦ではないでしょうか。

次戦は9月21、22日、魔物が棲むといわれるスポーツランドSUGOでの300kmレースとなります。毎回とんでもないドラマが起こるSUGO戦も目が離せません。

(写真:吉見幸夫、松永和浩 文:松永和浩)

『スーパーGT』の最新記事
87号車T-DASHが決勝を前に優勝賞金をゲット!?【SUPER GT 2019】
GTオーポリ千代_01
急遽GT500参戦となった千代勝正選手。その経緯と結果は?【SUPER GT 2019】
GTオーポリ決勝_01
SYNTIUM LMcorsaがオートポリスでGT300クラス優勝! 吉本選手のスーパーGT参戦100戦目に華を添える【SUPER GT 2019】
スーパーGTくまモン_01
「くまモン」がオートポリスを走る?【SUPER GT 2019】
Modulo EPSON NSX-GT
【SUPER GT 2019】64号車が大ステップアップの7位! 34号車も順位を上げたModulo勢のオートポリス
YNTIUM LMcorsa RC F GT3
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事