二兎どころか三兎を得た、フォルクスワーゲン・アルテオン【注目モデルとドライブデート!? Vol.14】

阿久津11

●「見た目のクルマだけかと思ったら、そうじゃないんだね」

「あれ、セダンじゃないんだ」

荷物を積み込もうとテールゲートを開けたとき、ふと彼女がつぶやいた。続けて「ワゴンみたいだね」と言う彼女の印象は、正解である。

アルテオン11
フォルクスワーゲン・アルテオン

ジャンルとしては「セダン」に分類するアルテオンだけど、正確にいうとボディ形状はセダンではなく「5ドアハッチバック」。セダンは居住スペースと完全に分離したトランクを持つが、ハッチバックは荷室が居住スペースとつながっていて、トランクリッドではなくテールゲートが大きく開くのだ。

アルテオンのテールゲート
テールゲートを開けると……
リアビューカメラ
リアビューカメラも装備される
控えめなウィング
トランクには控えめなウィングが

それにしても、アルテオンのラゲッジスペースは広い。ドイツ自動車工業会(VDA)が定めた測定方法だと563Lあり、これはDセグメントセダンの中ではトランクの広さ自慢のアウディ「A4」の480Lを大きくしのぐどころか、そのステーションワゴンである「A4アバント」の505Lさえも上回るのだから驚くほかない。

アルテオン21
流麗なサイドビュー

もちろんメルセデス・ベンツ「Cクラスステーションワゴン」の450リッターやBMW「3シリーズツーリング」の495リッターよりも広いのだ。

アルテオン荷室
アルテオンの荷室
トランクスルー
トランクスルーも可能

もちろんこの数字は後席背もたれ付近までの高さが基準なので、それ以上まで荷物を積み上げる状況ではステーションワゴンの強みが活きてくる。とはいえアルテオンは見た目がスポーティなのに加えて、これだけのラゲッジスペースを持つのだからまさに「才色兼備」といったところ。

ワゴンのよう
リアシートを倒せばワゴンのよう

さらに後席を倒せば床面に大きな段差がないステーションワゴンのような空間になるのも“純粋なセダン”には真似のできない芸当(最大1557L)。冗談抜きに、自転車を積むのも楽勝だ。それに、開口部が広いから大きな荷物も積み下ろししやすい。なんと実用的な車なのだろうか。

『RQとドライブデート』の最新記事
「スポーツカーは人生を楽しむためのアイテムだね!」ホンダS660 Modulo X【注目モデル「水瀬琴音」とドライブデート!? Vol.20】
水瀬琴音
「私ね、こういうクルマが好きだよ!」ホンダS660 Modulo X【注目モデル「水瀬琴音」とドライブデート!? Vol.19】
水瀬琴音とホンダNワゴン
嫉妬させる「軽」、ホンダ・N-WGN【注目モデル「水瀬琴音」とドライブデート!? Vol.18】
水瀬琴音とホンダNワゴン
しっかり守ってくれる「軽」、ホンダ・N-WGN【注目モデル「水瀬琴音」とドライブデート!? Vol.17】
akutsu
理想的な彼氏みたいな、ジャガー Eペイス【注目モデルとドライブデート!? Vol.16】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事