システム出力400馬力の電動ホットハッチ。BMWが1シリーズに「Mi140e」を設定?

BMW M135i外観_002

●最強のホットハッチ争いにBMWも参戦。PHVモデルで最強の座を狙う!?

BMWの新型「1シリーズ」には最強モデルとして「M135i」がラインアップされていますが、その上位モデルとなるPHV「M140e」を設定する計画があることがわかりました。

BMW M135i外観_002
BMW M135i

1シリーズは、同社が2004年から発売されているCセグメントハッチバックです。駆動方式はFRを採用し、コンパクトながら駆けぬける歓びを継承しました。その後2011年に第2世代が発売され、2019年には第3世代が登場、歴代初となるFF駆動を採用し室内空間の拡大が図られました。

現行モデル発表直後に設定された最強モデル「M135i xDrive」は、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、最高出力306hpを発揮。8速「ステップトロニック」と組み合わされ、駆動方式は4WDとなっています。

BMW M135i外観_004
BMW M135i

BMWは2023年までに25車種の電動モデルを発売予定で、「M140e」はその中の1台と思われます。予想されるパワートレインは「M135i」同様の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンに電気モーターを組み合わせ、最高出力400hp・最大トルク400Nmを発揮します。

また35kWhのバッテリーを搭載し、EV走行は50〜70マイル(80km〜112km)が予想され、順調に計画が進めば2020年にもワールドプレミアが期待できるようです。

ライバルとなるメルセデス「AMG A45」は、世界で最もパワフルと言われる直4を搭載し最高出力は387hpを発揮。頂点となる「S」では最高出力が421hpまで高められています。VWも新型「ゴルフ」が控えており、2020年以降高性能ハッチバックの熱い戦いが見られそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
アウディ Q5内観_002
ディスプレイが大きくなった! アウディ Q5改良型のコックピットを撮影成功
フィアット 500外観_001
フィアット500、ハッチバックとカブリオレが生産終了の噂。新型はEVモデルに移行?
ブガッティ シロン外観_002
490.48km/hの世界最速モデル。ブガッティ「シロン ロングテール」市販化へ!
メルセデス AMG GT R ブラックシリーズが外観_003
究極のメルセデスAMGがニュルを疾走。「GT R ブラックシリーズ」の最新プロトタイプをキャッチ
BMW X2 PHV外観_003
BMW X2初のPHEVモデルをスクープ! システム合計220馬力を発揮
BMW M135i外観_002
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事