「Honda e」ってどんなクルマ? ホンダが発売する同社初のEVは「走りの楽しいEV」

●国内向けは来春に投入。ホンダらしいこだわりを満載したホンダ・e

ホンダが来春、同社初のEV「Honda e」を国内向けに投入するようです。

ジュネーブモーターショー2019で公開した「eプロトタイプ」をベースにした、「フィット」サイズのコンパクトEV(5ドアハッチバック)となる模様。

ホンダe
ホンダeの外観

各種情報によると、専用プラットフォームに既存PHEV用のモーターを搭載し、前後重量バランスへの配慮から後輪駆動方式を採用。床下にバッテリーを搭載しており、最大航続距離は200km以上に達するそう。

低重心で安定感のある「走りの楽しいEV」を目指して開発されているようで、欧州では既に予約受注が始まっているようです。

かつての「N360」を彷彿させるエクステリア・デザインが親しみを感じさせると共に、スッキリとした水平基調の木目インパネも好感が持てます。

ホンダe
ホンダeのインテリア

販売価格が気になるところですが、「Honda e」には追ってスポーツ・バージョンなどの派生モデルも用意されるようなので、今後の展開が大いに注目されます。

Avanti Yasunori・画像:HONDA)

【関連記事】

EV主流の中国でなぜ? トヨタ系電池メーカーがHV用駆動電池を現地生産するワケは?
https://clicccar.com/2019/08/14/902894/

トヨタとパナソニックがEV用バッテリー開発で2020年に新会社設立へ
https://clicccar.com/2019/01/22/688762/

トヨタが次世代環境車(EV・FCV)の商品化加速に向けた新組織を立ち上げ
https://clicccar.com/2018/10/14/639626/

『ホンダ』の最新記事
2020年にマイナーチェンジを受けるホンダ・シビックの先行ホームページがオープン【新車】
清水和夫さん
隠れ過ぎてるけど秀逸なホンダ・グレイス、実は生活四駆が雪国で大人気!【清水和夫の好奇真】
清水和夫
ホンダ・レジェンドは裏通りのスナック! グレイスは隠れ過ぎた名車! レジェンド&グレイスになぜ世間は注目しないのか!?【清水和夫の好奇真】
ホンダ フリード
ホンダ・フリードがマイナーチェンジ。クロスオーバースタイルの「クロスター」を新設定【新車】
全身くまなく無限パーツをまとったシビックタイプR。流れるウインカーも開発【シビック タイプR用無限パーツ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事