標準より個性的、カスタムより主張しない「バランス良い子」ちゃん【新型タント 純正用品モデル装着車】

●カスタムほど自己主張はしたくないけれど、標準では物足りない方にピッタリな純正用品モデル

2019年7月9日から全国一斉に発売された新型タント。4世代目となる新モデルでは、「新時代のライフパートナー」をテーマにして、車体全体を刷新しています。

とりわけDNGAと呼ばれるダイハツの新世代プラットフォームを採用したことはニュースです。

タントならではのピラーインドア「ミラクルオープンドア」を継続採用しました。そのうえで、世界初の運転席ロングスライドシートを設定。そのスライド量は540mmにもなります。さらに、従来から16mmも低フロア化したことで、乗降性と荷物の積載性はさらに向上しています。

そんなタントには「標準モデル」と「カスタム」がありますが、購入を希望されている方の中には「カスタムほど自己主張はしたくないけれど、標準では物足りない」という人もいると思います。

そこで今回、標準モデル用の純正オプションパーツをいくつか紹介します。

まずはフロント面の印象を変えるアイテムから。「フロントロアスカート」は純正バンパー下部にエクステンションとして装着するパーツです。

またメッキのベゼルが特徴的な「LEDフォグランプキット」も用意されました。

ボディ横の面を見てみましょう。「サイドロアスカート」は、車両全体の印象を引き締める効果があります。

ボディサイド面では14インチの「クロス4本スポーク・アルミホイールセット」に注目です。

リア面では「バックドアガーニッシュ」や「リヤスポイラー」などが用意されています。

これらのアイテムを装着すると、タント カスタムとはまた一味違うスポーティなフォルムをゲットできることが特徴なのでした。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『ダイハツ・タント』の最新記事
新型タント・カスタムRSの走行シーン
全車速追従式のアダプティブクルーズコントロールとレーンキープコントロールは絶対装着すべき…ではない!?【新型ダイハツ・タント試乗記】
ダイハツ・タント
「DNGA」は子どもやお年寄りにも優しい新プラットフォーム! 手軽に追加できるオプションで乗り降りラクラク【新型ダイハツ・タント試乗記】
新型ダイハツ・タントのツーショット
新型タントの後席スライドが荷室(リヤゲート)側から操作できないのは「良品廉価なクルマ作り」のためだった!【新型ダイハツ・タント試乗記】
自動オープン&予約ロックが可能で便利度アップのスライドドア! 運転席もロングスライド化で後席への移動がスムーズ【新型ダイハツ・タント試乗記】
ダイハツ・タント
スーパーハイトワゴンの軽自動車でも、安定した走りと高い安心感はピカイチ!【新型ダイハツ・タント試乗記】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事