ポルシェ・タイカンの全グレード&スペックが判明! 「カレラ 4S」「ターボ」がラインナップ

●価格は9万ドル〜15万ドル。ポルシェ伝統のグレード名はEVでも踏襲

ポルシェは先日、初の量産エレクトリック・4ドアスポーツ「タイカン」の最新プロトタイプの走行動画を公式リークするとともに、9月に初公開することを正式発表しましたが、全グレードやスペックのリーク情報を入手しました。その全貌を一挙公開します。

ベースグレードには「タイカン」を設定。80kWhのバッテリーを搭載し、2基のモーターにより最高出力は322hpから376hpを発揮、駆動方式はRWDで価格は9万USドル(約970万円)となります。上位グレードには、想定外だった「タイカン カレラ4S」の車名が与えられ、96kWhのバッテリーを搭載。全輪駆動により最高出力は429hpから483hpを発揮し、価格は9万ドル以上に。

そしてトップモデルには予想通り「タイカン ターボ」を設定。96kWhのバッテリーを搭載し、最高出力は600hp・最大トルク880Nmを発揮します。もちろん全輪駆動で、価格は約15万ドル(約1,600万円)に跳ね上がります。0-100km/h加速は3.2秒、0-200km/h加速は10秒未満のパフォーマンスを誇るといいます。

ワールドプレミアの場は9月フランクフルトモーターショーが有力で、上記ラインアップが発表された後、2020年以降には最高出力724hpを発揮する最強「タイカン ターボS」、軽量スポーツ「タイカンGTS」など高性能モデルが投入される可能性が高いこともわかりました。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ブガッティ SUV 予想CG_001
初の3ドアSUV&世界最速モデルを開発中。ブガッティのCEOが語った驚異の計画とは?
アウディ RS Q3 外観_001
0-100km/h加速は驚異の3.9秒。新型アウディRS Q3がニュルで高速テスト
BMW 7シリーズ 外観_003
650馬力の電動モデル「i7」が設定か? BMW・7シリーズの次期型は電動化を加速へ
ジャガー F-Pace 外観02
ジャガー新時代の幕開けを告げるのは、コンパクトSUVモデル!? 「Aペース」「Bペース」が開発中!?
アルピナ XB7_002
ド級SUVが登場間近か!? アルピナがBMWのX7をベースにした600ps超えのXB 7を開発中!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事