廃止騒動もなんのその! シボレーが新型カマロを開発へ

●アメリカン・スポーツは終わらない。カマロ生産終了の噂を関係者が一蹴

シボレー「カマロ」が2023年を持って生産終了、との噂が一部海外メディアで流されていましたが、GM関係者が即座に反応。この噂を一蹴しました。

カマロは、GMがシボレーブランドで販売する2ドア・ハードトップクーペ/オープンで、車名は古フランス語で「友人」を意味する言葉に由来しています。初代が1967年に登場以来、半世紀もの歴史を誇り、アメリカンスポーツの象徴として魅了してきました。

5月には、6代目のフロントマスクを一新した2020年型を発表したばかりですが、2018年の販売台数は50,963台と伸び悩んでおり、ダッジ「チャージャー」の66,761台、フォード「マスタング」の75,842台に次ぐ3位とされています。

このことから2023年には生産終了の噂が流れたようですが、GM関係者が公式に否定、2023年までには次世代を投入すると発表しました。パワートレインに関しては言及していませんが、マイルドハイブリットやプラグインハイブリッドなど電動化も検討されているようで、カマロ次世代型の逆襲に期待したいです。

(ApoLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?