【SUPER GT2019】ホンダModulo勢のタイラウンド。34号車NSX GT3は大どんでん返しのポイントゲット! 64号車もGT500ホンダ勢トップ!

●トラブルの無い走行でホンダ勢最上位の64号車

セットが決まらず予選を14番手からスタートすることとなったGT500クラスの64号車 Modulo Epson NSX-GT。

スタートドライバーは牧野 任祐選手。

オープニングラップで15位に落ちるも、GT300クラスの集団を追い抜く際にGT300マシンをうまく避けての走行で順位を戻すことに成功します。

その後もライバルとの間で順位争いが激化し、またも15位に落ちることとなります。

66周のレースとしてはかなり早い段階の28周目でピットイン。このピットインについて中島悟総監督は「マシンの振動が強くなってきたのでタイヤ交換をしたいという牧野の無線でピットインを決めた」と語っています。

そしてナレイン・カーティケヤン選手に交代しコースに復帰。この段階で15位は変わらずではあるのですが、このまま最後までタイヤが持てばライバルのピットインのたびに順位が上がっていくことは十分に考えられます。

しかし37周目に思いもよらぬ出来事が起こってしまいます。なんとホンダ勢5台のうち3台が絡むクラッシュが発生。これでセーフティーカーが導入されることとなります。

中島総監督はこの時のSC導入について「もし予定通りのピットインを行っていたらSCに完全にかぶっていたのでタイヤ交換のタイミングがかなり遅れてしまうことになっていた。牧野のわがままを聞いて(笑)早めにピット・インしたことが功を奏した」と語っています。

なんとホンダ勢はリタイアやトラブル修復、タイヤ無交換の失敗など、Modulo Epson NSX-GTを除いてほとんど全滅。ホンダ勢で唯一のトップと同一周回数での10位フィニッシュとなりました。これにより1ポイント獲得となります。

次戦の富士500mileレースは如何に戦っていくのでしょうか。要注目です。

(写真:松永和浩、高橋秀彰 文:松永和浩)

『スーパーGT』の最新記事
交流戦_レース2_001
3度のセーフティカー導入で大混乱のレース2を制したのは、GT500初優勝のあのドライバー!【SUPER GT・DTM交流戦】
Modulo Epson NSX-GTのスターティンググリッドはフロントロー
Modulo Epson NSX-GT、ドライとなったレース2で圧倒的勝利!【SUPER GT・DTM交流戦】
スプリントカップ_レース2_04
スーパーGTとは違った楽しさで盛り上がったスプリントカップ【SUPER GT・DTM交流戦】
スプリントカップ_レース1_01
予想外の展開に大興奮!スプリントカップは劇的な結末が待っていた!【SUPER GT・DTM交流戦】
交流戦_レース1_001
スーパーGT勢がホッケンハイムの雪辱を晴らす!あの選手がポール・トゥ・ウィンでレース1を制す【SUPER GT・DTM交流戦】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事