発表直前でも、この警戒レベル…ランドローバーの元祖「新型ディフェンダー」デジタルコックピットを激写!

ランドローバーの歴史的オフローダー、「ディフェンダー」新型プロトタイプをカメラが捉えるとともに、コックピットの撮影にも成功しました。

生産終了から3年半が経過、いよいよ第二章が始まるディフェンダーですが、その最新プロトタイプでは、「#BEST 4X4 FAR」(最高の4WDが未来へ)と書かれたエクステリアは相変わらずカモフラージュが厳重で、市販型デザインは一切明かされていません。これは発表直前の開発車両としは異例の警戒レベルと言えます。しかし、撮影されたフロアパネル裏からは、リアにエアサスペンションが採用されていることが発覚しました。

また初めて撮影されたコックピットは、ダッシュボードに布が被されているものの、ステアリングホイールの向こうにはデジタルクラスタ、横にはインフォテイメントディスプレイを装備。画面下にはジョイスティック型ギアシフト、その右にはHVACコントロールが見てとれます。最新のJLR(ジャガー・ランドローバー・オートモーティブ)モデルには、「Touch Pro Duoインフォテイメントシステム」が搭載されていますが、ディフェンダー新型では提供されない可能性もあるようです。

採用が予想される「MLA」(Modular Longitudinal Architecture)プラットフォームは、内燃機関、プラグインハイブリッド、EVなど、あらゆるパワートレインに対応しています。そのことからも、パワートレインは、2.0リットル直列4気筒インジニウムのほか、直列6気筒エンジン、48Vマイルドハイブリット、プラグインハイブリッドのラインアップが予想されます。

ディフェンダー新型は、7月4日に英国で開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2019」で初公開されることが決定しています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツ SLの次期型は2021年登場? ダイナミックな快適性を持つモデルに進化
マツダ新型2ドアクーペを開発中か!? MAZDA「MX-30」の商標登録完了
新型ジュークのデビューは9月3日。日産自動車がヘッドライトをティザー公開
デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事