【新車】新型プジョー508SWが日本上陸。ステーションワゴンの常識を打ち破るデザインと高い積載性を両立

●ステーションワゴンの概念を打ち破るスリークなデザインを採用した508SW

2019年3月に上陸を果たしていた新型プジョー・508のセダンに続き、2019年6月27日、ステーションワゴンの新型508SWも発売されました。セダンは4ドアファストバックを採用するなど、Dセグメントモデルの中でも目を惹くスタイリングになっています。

新型プジョー508SWも同様に、ステーションワゴンの概念を打ち破るスリークなデザインを採用。

新型508SWのボディサイズは、全長4790×全幅1860×全高1420mm。全長とホイールベースはセダンと同一ですが、リヤオーバーハングはSW化により40mm延長されています。

これにより荷室容量は先代SWよりも182L増となる530Lにまで拡大していて、セダン(ファストバック)よりも43L容量増となっています。さらに後席格納時は1,780Lとなり、セダン(ファストバック)の新型508よりも243L広くなっています。加えてラゲッジシルはSW化で30mm低くなり、24mmワイドになったことで、積載性を向上するなど、ステーションワゴンに欠かせない荷物の出し入れのしやすさがさらに向上しています。

さらに後席のヘッドクリアランスはSW化で約40mmゆとりが増したそう。なお、ワンタッチフラット機能と電動テールゲート(GT Line、GT)はファストバックと共通の仕様になっています。

パワートレーンはファストバックと同じで、CO2排出量はクラス最小レベルを達成。分厚いトルクが魅力の2.0Lクリーンディーゼルターボの「Blue HDi」は、燃料消費率18.3km/L(JC08モード)・16.9km/L(WLTCモード)を達成。一方のダウンサイジング1.6Lガソリンターボエンジンの「PureTech」は、14.7km/L(JC08モード)・14.1km/L(WLTCモード)となっています。

ボディサイズは新色の「アマゾナイト・グレー(NEW 508 SWのみの設定色)」をはじめ、「アルティメット・レッド」「パール・ホワイト」「ダーク・ブルー」「ハリケーン・グレー」「ペルラ・ネラ・ブラック」「セレベス・ブルー」の7色展開。

価格は、1.6Lガソリンターボを積む「508 SW Allure」が4,420,000円、「508 SW GT Line」が4,840,000円。2.0Lディーゼルターボを積む「508 SW GT BlueHDi」が5,170,000円です。

(塚田勝弘)

『プジョー』の最新記事

【新車】プジョーのクロスオーバーSUV「2008」がフルモデルチェンジ。ピュアEVも設定
【新車】黒のアクセントカラーとレザーシートを備えたプジョー2008「2008 GT Line Black Pack」が登場
【新車】人気のプジョー・208に、充実装備の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」を設定
ライオンの牙と爪はプジョーの救世主なのか? 新型508のデザインにおける「新しい個性」を探る
【新車】売れ筋SUVのプジョー3008と3列シートSUVのプジョー5008のガソリンエンジンが改良。トランスミッションも8ATに進化
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事