【ボルボV60 T6 ツインエンジン】これぞ、ボルボ。スウェーデンらしい見どころトップ5

ボルボ V60 T6 ツインエンジン AWDに「モメンタム(659万円・オプション含まず)」というグレードが追加設定。これを機会に「インスクリプション(759万円・同)」をチェックしてみました。

このクルマは独特の個性が多くありますが、中から5つのポイントをチェックしてお届けしますね。

1つ目。ライトの光り方が独特です。V60ではファミリーフェイス構成要素のひとつであるトールハンマーというT字形のランプが採用されています。

通常、ここはシグネチャーランプとして機能するんです。が、ウインカー作動時には、このシグネチャーランプが消えてオレンジ色に発光するんでした。ま、こうした「からくり点灯ウインカー」はメルセデス等でも採用されてますけど、ハンマー型の大きいものが光るってのが独特なので紹介しましたー。

続いて2つ目はハンズフリーで開閉するラゲッジドア。キーを持った状態でラゲッジ後方に立ち、足をバンパー下にかざすと機能します。

この機能自体は他メーカーでも見られますが、V60のそれは開閉速度が速いんです。体感では人間が操作するのと変わらぬクイックさなので、せっかち気分なときにも満足です。

3つ目はハード電化車両なのにも関わらず、車内空間がノーマル対比で「広いまま」をキープできていること。

V60ツインエンジンでは、大型の後輪駆動用バッテリーを車体中央に縦搭載しました。これはちょうど前席乗員の中央・コンソール下部と、後席中央の(一般的な車両の)フロアトンネル部分にあたります。

通常エンジン車に比べると、コンソールの深さが減ったり、フロアトンネル高が上がったりといった違いは出ますが、いずれもクリティカルなものではありません。

このため、PHEV化したと言っても車内や荷室が狭くなることはありませんでした。これは大きな利点です。

4つ目はセンターディスプレイで操作できる機能の多さと使いやすさです。

シートヒーターやベンチレーターの操作もここで行えます。音響関係のカスタマイズも簡単です。イコライザーは各音域の調整レバーが大きく表示され、反応もダイレクトです。

音のセンター位置調整(ポジショニング)も見た目のままに行えます。センターの丸アイコンをグリグリ動かせばいいんですね。

駐車時に便利なサラウンドビュー、つまり俯瞰ビューを見てみましょう。4個のカメラを使った映像が見られます。

各カメラのアップも可能です。たとえばフロントのカメラをアップにすると、狭い路地から顔だけ出すときなどに、往来の様子がわかりますね。

エアコンの操作もこのように非常に大きく表示されます。これなら迷いようがないですし、操作も確実です。静電タッチパネルでエアコンコントロールをさせるクルマって増えましたが、操作部が小さいと地味にいらいらしますので、これはとってもいいです(なお、V60のタッチパネルは赤外線方式)。

そして最後の5つ目。クルマを操作するためのキー。ドイツの高級ブランドでもブラックのものが主流ですけれど、チェックしたV60はあざやかなベージュ系のキーがついていました。

実はこれ、装着したシートとコーディネートしたキーなんですよ。オシャレさん。

というわけでボルボV60の特徴トップ5でした。わりと違いがありますよね〜。


(写真・動画・文/ウナ丼)

『ボルボ』の最新記事

【ボルボXC90 D5試乗】ビッグボディながら柔和な顔付きはまるで大仏のよう
【ボルボXC90 D5試乗】 さすがのユーティリティ。アウトドアの遊び道具を余裕で詰める広大な室内
【ボルボXC90 D5試乗】ディーゼルのトルクだけじゃない、発進時からのスッキリした加速感の理由とは?
ボルボ・V60のPHEVの実燃費は2割増し。ガソリン車との実質的な価格差100万円をどう考える?
ボルボ・V60のガソリン車とPHEVでは、車体の中央に実用面の違いがあった! 独特のバッテリー搭載位置が生み出す○と╳
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事