約43万人がGRスープラを購入!? 「GR Supra GT CUP」の決勝大会を「第46回東京モーターショー2019」で開催

●新型スープラはゲームの世界でも大人気! 「GR Supra GT CUP」の決勝大会が開催

490万円〜690万円という価格設定で登場した新型スープラ。2019年6月時点での納車の目処は「2020年2月」以降となっています。実車には手が届かなかったり、納車を待ちきれなかったりする人もいるでしょう。

ちなみに、プレステ4の『グランツーリスモSPORT』のGRスープラの購入者は約43万人に上っているそうです。

そんな中、TOYOTA GAZOO Racingは「GR Supra GT CUP」の決勝大会を「第46回東京モーターショー2019」で開催すると発表しました。

PlayStation4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』(発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)上におけるGRスープラ購入者数は、先述したように約43万人、また、e-Motor Sportsとして今年4月からスタートしたGR Supra GT CUPのエントリー数は延べ約2.6万に達しているそうで、多くの人が同ソフトウェアでGRスープラを楽しんでいるそう。

同決勝大会で上位3位までの入賞者については、12月上旬に富士スピードウェイで行われる「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL」に招待され、表彰式が行われる予定となっています。

また、第46回東京モーターショー2019では、GR Supra GT CUPの決勝大会のほか、「FIAグランツーリスモチャンピオンシップ・ワールドツアー第5戦」と、第46回東京モーターショー2019 e-Motorsports「都道府県対抗U18全日本選手権」も併催も予定されています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。