【新車】2.9Lツインターボを積むポルシェ・カイエンSクーペの予約受注がスタート

●高い人気を誇る「カイエン」に「Sクーペ」が登場

マカンとともに、日本でも高い人気を誇る、ポルシェのSUVであるカイエン。

3代目となる新型カイエンに、クーペとのクロスオーバーSUVである「カイエンSクーペ」が追加され、2019年6月21日から予約受注がスタートしました。なお、「カイエンクーペ」と「カイエンターボクーペ」の予約受注は、4月22日からすでに開始されています。

カイエンクーペの特徴は、よりシャープになったプロポーションとアダプティブリヤスポイラーと2つのルーフコンセプト、独立式のリヤシートなどからなる個性的なリヤセクションです。カイエンよりも後席は約30mm低くなっています。

2.9Lツインターボエンジンを積むカイエンSクーペは、550Nm/1,800-5,500rpmという分厚いトルクも自慢。2つのターボチャージャーは、V型シリンダーの中央に配置されたことで、エンジンはよりコンパクトになりました。さらに、車両の重心も低くなったことで、横方向のダイナミクスも向上。

燃焼室とターボチャージャーをつなぐ排気経路が短くなったことで、自然なエンジンレスポンスと素早い加速が可能になったそう。トランスミッションは8速Tip-Sを搭載。

エクステリアは、後方に傾斜する急勾配のルーフラインが印象的で、固定式のリヤスポイラーによりスポーティクーペのようなたたずまいを実現。浅く傾斜したフロントウインドウとAピラーにより、ルーフエッジはカイエンよりも約20mm低くなっています。

さらに、すべてのカイエンクーペにおいて、固定式リヤスポイラーが「ポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)」の一部であるアダプティブリヤスポイラーとともに装備されています。 「PAA」のスポイラーは、90km/hを超えると、135mmまで展開してリヤアクスルへの接地圧を高め、車両のアジリティも向上させるとしています。

カイエンSクーペの価格は、14,080,000円。なお、3.0L V6ターボを積むカイエンクーペは11,150,000円、4.0L V8ツインターボを積むカイエンターボクーペは19,740,000円です。

(塚田勝弘)

『ポルシェ』の最新記事

ニュルブルクリンク24時間レースの現場で発見。ポルシェは伝統のカラーリングとフォーミュラEを展示!
【新車】4.0LのNAエンジンを積むポルシェ718スパイダー、718ケイマンGT4がデビュー
【新車】最長44km・135km/hまでEV走行可能な「カイエンEハイブリッド」の予約受注がスタート
ポルシェジャパンがフルバッテリーEV「タイカン」などに対応する、新トレーニングセンターを開設
新型ポルシェ911は日本人がデザインしていた! 唯一のポルシェ日本人デザイナーが語る911のカタチの秘密
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事