【新車】プジョーのクロスオーバーSUV「2008」がフルモデルチェンジ。ピュアEVも設定

■プジョー2008は2019年内に欧州と中国でローンチ開始予定

●1.2Lガソリン、1.5Lディーゼル、ピュアEVと3種類のパワートレインを用意

プジョーからコンパクト系クロスオーバーSUV「2008」にフルモデルチェンジが発表されました。ボディサイズは全長4300mm、全幅1770mm(ミラーtoミラー 1815mm)、ホイールベース2605mmで、タイヤサイズは215/65 R16、215/60R17、215/55 R18の設定と発表されています。

いかにも最新のプジョー的なルックスは、適度にロードクリアランスを確保したSUVスタイルとの相性は抜群。大径タイヤとのマッチングも上々なのは、プレスフォトからも伝わってきます。

インテリアでも、最新のプジョーらしい「i-Cockpit® 3D」が未来的なムードを高めています。タッチパネルのセンターディスプレイは10インチと大型で、多彩な情報を表示します。実用面でも抜かりはありません。ラゲッジスペースは434Lとコンパクトクラスとしては十分な容量を確保しています。

『プジョー』の最新記事

【新車】新型プジョー508SWが日本上陸。ステーションワゴンの常識を打ち破るデザインと高い積載性を両立
【新車】黒のアクセントカラーとレザーシートを備えたプジョー2008「2008 GT Line Black Pack」が登場
【新車】人気のプジョー・208に、充実装備の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」を設定
ライオンの牙と爪はプジョーの救世主なのか? 新型508のデザインにおける「新しい個性」を探る
【新車】売れ筋SUVのプジョー3008と3列シートSUVのプジョー5008のガソリンエンジンが改良。トランスミッションも8ATに進化
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事