天然複合素材で軽量化。ポルシェ・ケイマン GT4、公開前最後のニュル高速テスト

●「Euro 6d」ガス規制に対応する4リッターNAエンジンを搭載

ポルシェ・ケイマンの頂点に設定される最強モデル「718ケイマンGT4」の市販型プロトタイプが、公開前最後の高速テストをニュルで開始しました。

残すはエンブレムの装着みとなったフルヌードボディは、冷却効果が向上したコーナーエアインテーク、シャープなフロントスプリッター、新デザインのサイドエアダクトや大型リアウィングが見てとれます。そのほか、ツインエキゾーストパイプはディフューザーの間に装備されるなど、レーサーの「718ケイマンGT4クラブスポーツ」にインスパイアされたデザインとなりそうです。

ドアやリアウィングには天然繊維コンポジットを採用し、約110ポンド(50kg)の軽量化が図られます。重量と剛性の点でカーボンファイバーに似ていますが、亜麻と麻から作られているのが特徴です。

パワートレインは、最新の「Euro 6d」ガス規制に対応する4.0リットル水平対向6気筒NAエンジンを搭載。最新世代では、新たしいガソリンパティキュレートフィルター、高圧インジェクター、スロットボディを追加。この最新バージョンは「911スピードスター」でデビューしたものです。

ワールドプレミアの場は、6月の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」が有力で、価格は134,000ユーロ(約1,600万円)からと予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツ SLの次期型は2021年登場? ダイナミックな快適性を持つモデルに進化
マツダ新型2ドアクーペを開発中か!? MAZDA「MX-30」の商標登録完了
新型ジュークのデビューは9月3日。日産自動車がヘッドライトをティザー公開
デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事