【新車】5MT+レッドの外装色が心をくすぐる、限定車「Fiat 500S Manuale Rossa」は80台限定

●2気筒の「TwinAir」エンジンに5MTの組み合わせの限定車

数あるクルマの中でも多くの限定車をリリースすることで、ほかと被りにくい個性を提供しているFiat 500。2019年6月15日に80台限定で発売される「500S Manuale Rossa」(チンクエチェントエス・マヌアーレ・ロッサ)は、5MTを採用したレアな仕様。

「Manuale」は、イタリア語で自ら操るという意味で、赤の意味の「Rossa」が車名に使われている「500S マヌアーレ・ロッサ」は、2気筒の「TwinAir」エンジンに5MTという、カタログモデルには設定のない組み合わせが特徴です。独特のフィーリングを生み出す2気筒ターボエンジンの変速操作を自らの手で操ることで、日常の至るところでドライブの楽しみを提供するとしています。

ボディカラーは、もちろん赤で、ファッショナブルな雰囲気で男女を問わず人気だという「パソドブレ レッド」。さらに、ダークグレーの専用15インチアルミホイールが足元をスポーティに引き立てています。

またMTモデル専用のフォグランプ付フロントバンパーやサイドスカート、リヤバンパーが用意され、さらにサテングレーのアクセントラインやドアハンドル、クローム仕上げのエキゾーストフィニッシャーなど、細部にもスポーティ感を引き立てる演出が加えられています。

一方の内装は、引き締まった印象のブラックを基調に、シートやドア内張りに明るいアクセントカラーが配されていて、洗練されたムードが魅力。装備も充実していて、レザースポーツステアリングホイールや専用インストルメントパネル、「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応した7インチタッチパネルモニター付のインフォテインメントシステム「Uconnect」、START&STOPシステムなどが標準装備されます。

「500S マヌアーレ・ロッサ」の価格は、2,460,000円。MTと赤いボディカラーの小粋なAセグメントは、クルマ好きの心を掴みそうです。

(塚田勝弘)

『フィアット』の最新記事
アバルト595シリーズの走りとスタイリングをさらに個性的に仕上げられる「Make Your Scorpion」が11月15日〜12月15日まで実施【新車】
フィアット500/500C
ブランド120周年を祝う、フィアット 500/500Cの限定車「120th Tuxedo(タキシード)」
フィアットの120周年を祝う240台限定「500 Super Pop Centoventi」が登場
【新車】早い者勝ち!? フィアット・パンダに6MT+4WDの限定車「Panda 4×4 Succosa」が登場
【フィアット500X試乗】クルーズコントロールとアダプティブクルーズコントロールを装備
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事