【スーパー耐久2019】富士SUPER TEC 24時間レースは瞬間の全てがドラマチック!

●様々なマシンの混走、そして名だたる勇者たち

6月1日15時に決勝レースがスタートし、翌2日15時にチェッカーフラッグが振られる、日本で唯一の24時間レース「ピレリスーパー耐久シリーズ2019 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レース」。昨年から「耐久の富士」を謳う富士スピードウェイ開催のレースの中でも特に中心的な存在と言えるレースとなります。

ピレリスーパー耐久シリーズ2019ではこの富士を除けば3時間か5時間というレース時間で、24時間レースというのは3時間フォーマットで8回分、5時間フォーマットで5回分というレース時間となり、それだけリスクも苦労も多くなります。

今年の富士24時間で総合優勝を果たしたGTNET GT3 GT-Rのドライバーの方々の顔をご覧いただければ分かる通り、やり遂げた充実感が溢れかえってきています。

昨年から始まったスーパー耐久シリーズの富士24時間レースですが、スーパー耐久シリーズに年間エントリーしている選手含めて6人まで登録できるということもあって今年は名だたる猛者がエントリーをしていました。

特にルマン24時間レースで優勝を果たしたことで有名な荒聖治選手、そしてルマン24時間レースに頻繁に出場している澤圭太選手もエントリー。

そして注目の的といえばモリゾー選手こと豊田章男氏も24時間レースにエントリーしています。

ピレリスーパー耐久シリーズ2019の中の1戦として開催されるため、FIA GT3マシンから1500ccクラスのコンパクトカーまでが一斉にコースを走ります。

KTM X-BOWというレアなマシンも走ります。

またデミオやアクセラなどのディゼルエンジンマシンも走っています。

クラス別とはいえこれだけの性能差のあるマシンが一同に会して24時間後のチェッカーフラッグを目指して走るのですから当然数々のドラマが生まれていきます。

『モータースポーツ』の最新記事
Rd.6レース
ド突き合い格闘技系の韓国レースで、井出有治選手ただ今完走記録を更新中!【韓国・SUPERRACE ASA6000 第5/6/7戦】
オートスポーツ誌2005年12月29日号
井出有治のF1見解・オールジャパンに拘らず才能ある若手レーサーが海外でも認められる環境を! Part.2
2019F1日本GP
さすがF1! 台風前日の鈴鹿サーキット&ドライバーはどんな様子だった?【F1日本GP2019】
トップを走る8号車
2019WEC富士6時間レースを制したTOYOTA GAZOO Racing。実は富士では圧倒的強さを誇っていた。
2019F1日本GP
ドライバーの素顔が分かる?プレスカンファレンスに初潜入してきました【F1日本GP2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事