ランボルギーニのスーパーSUV「ウルス」に高性能モデルが設定か!?

●登場は2021年? 「パナメーラS Eハイブリッド」のユニットを搭載

ランボルギーニのSUV「ウルス」に、高性能モデルが設定される可能性があることがわかりました。

米Motor Trend誌のシニアエディター、ジョニー・リーベルマン氏が自身のインスタグラムによると、ランボルギーニは現在ウルスの高性能モデルを開発しており、2年以内にワールドプレミアされることを示唆しています。

ベースモデルであるウルスのパワートレインは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力650ps・最大トルク850Nmを発揮します。開発中の高性能モデルに関してエンジンの詳細は入手していませんが、ポルシェ「パナメーラS Eハイブリッド」から流用される2.9リットルV型8気筒ツインターボ+電気モーターのハイブリッドシステムが有力候補の一つと思われ、その場合は最高出力680ps・最大トルク849Nm程度を発揮するはずです。

ランボルギーニでは、ベースモデルを開発中にもハイブリッドモデルの設定が噂されていましたが、このハイパフォーマンスモデルとは異なるモデルであり、ベースモデルに設定されるPHVは、2019年内から2020年前半に登場すると予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ランボルギーニのワンオフオフローダー「ウラカン・ステラート」、まさかの市販化!?
アストンマーティン ヴァルキリー、限定25台の「レッドブル・シグネチャーエディション」が存在!?
過激チューンのゲンバラ、新型スーパーカーを独自開発へ!800馬力のエンジンをミッドシップに搭載
新型ゴルフにも最強「R」が登場。でも「ドリフトモードは搭載しない」!?
復活の三菱・パジェロミニ、新型は4ドアに?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事