マツダの自信作・Mazda3は、かつての「ファミリア」&「アクセラ」【新車 MAZDA3】

●新型へのスイッチを機に海外名を日本でも採用したMazda3

かつて「ファミリア」と呼ばれ、2003年からは「アクセラ」を名乗ってきたマツダのCセグメントセダン&ハッチバック。このたび、新型にフルモデルチェンジにするにあたり、海外名である『マツダ3(マツダ・スリー)』を日本でも採用することになりました。

セダンと『ファストバック』とマツダが呼ぶハッチバックの2種類のボディタイプが用意されています。今回はこのうち、ハッチバックについて解説していきましょう。

今回実際に触れることができたのはファストバックの『20XD プロアクティブ ツーリングセレクション』と「同 L-パッケージ』の2つのグレードです。

ブラックの革内装で駆動方式はFF。トランスミッションは6速ATのモデルです。

マツダ3ハッチバックの特徴は、一粒の水滴のような塊感を持つ流麗なフォルムであることです。

また新世代のマツダ・フェイスを特徴づけるものとして前後のLEDライトの表現があります。具体的には丸い筒があるかのようにリング面と、同サイド部分に発光部分を持たせていることが特徴です。

フロントグリルに関してはセダンと造形は共通ですが、このファストバックではダークメタリック調塗装を採用して、よりスポーティーなイメージを演出しています。

全長は4460mm、全幅は1795mm、全高は1440mmです。ホイールベースは2725mmとなります。車両重量は1410kgです。

エンジンはスカイアクティブD-1.8と呼ばれる1.8L4気筒ディーゼル直噴ターボエンジン。最高出力は116ps/4000rpm、最大トルクは27.5kg/1600~2600rpmを発生させます。使用燃料は(当然ですが)軽油で、WLTCモードでの燃費は19.8km/Lです。

マツダ3 ファストバックにはほかに、1.5Lと2Lのガソリン自然吸気4気筒エンジンが用意されます。

また、SPCCI(火花点火制御圧縮着火)方式という、通常のスパークプラグと圧縮着火を併用するガソリン・スーパーチャージャー4気筒2Lエンジンも用意されます。これは『スカイアクティブ-X』として先行して技術発表がされていたものです。

フロントサスペンションは変わらずストラット式、リヤサスペンションはトーションビーム式に変更がなされました。前後のブレーキはベンチレーテッドディスクとディスクの組み合わせとなっています。

コーナリング時にスロットル開度とブレーキの制御を行うことで、よりスムーズなコーナリングを実現するシステム『G-ベクタリングコントロールプラス』を組み合わせています。

マツダ3 ファストバックの価格は万218万1000円(15S FF)から362万1400円(バーガンディセレクション4WD)となっています。

なお、スカイアクティブ-X搭載モデルは7月に予約受注開始予定となっており、販売は2019年10月を想定しています。

 

(写真・動画・文/ウナ丼)

『マツダ3』の最新記事

スムーズな走りの「セダン+ガソリンエンジン」の組み合わせも魅力【新型Mazda3試乗】
マツダ第7世代第1弾の走りはなにがスゴいのか?【新型Mazda3試乗】
足回り部品の防錆性能を高める新技術を採用したMazda3
横浜ゴムが新型Mazda3の新車装着タイヤとして「BluEarth-GT AE51」を納入開始
新型Mazda3の「SKYACTIVE-X」に搭載される「SKYACTIVE-eSYNC / M HYBRID」とは?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事