10 年ぶりの復活。BMW X5Mが600馬力で今秋デビュー

●10年ぶりに復活するX5Mは圧倒的なハイパフォーマンスを発揮

BMWの大型クロスオーバーSUV・新型「X5」に設定されるハードコアモデル、「X5M」のプロトタイプをニュルブルクリンクでカメラが捉えました。

「M」社純正のハイエンドモデルとなる「X5 M」は、2009年に第2世代「E70」型に設定されていましたが、2013年から発売されている現行モデル「F15」型には「M Sport」のみの設定となっていたため、10年ぶりの復活となります。

ニュル高速テストで捉えた開発車両は、これまで隠されていたヘッドライトのアウトライン、リップスポイラー、5つの異なるエアインテークを持つアグレッシブなフロントエンド、新グラフィックのテールライト、大型ルーフスポイラー、新型X5と差別化されるクワッドエキゾーストパイプなどが見てとれます。足回りには、Mブレーキキャリパー、クロスドリル・ブレーキディスクローターなどが確認できます。

パワートレインは「M5」と共有する4.4リットルV型8気筒Mツインパワーターボエンジンを搭載し、最高出力は現行モデルの575psから600ps以上へ向上。最大トルクは750Nmを発揮。8速ATと組み合わされ、全輪駆動「xDrive」が標準装備されます。

プラットフォームには、BMW「7シリーズ」や「5シリーズ」から流用される「CLAR」を採用し、現行モデル比300kgの軽量化が噂されておりスーパーカー並のハイパフォーマンが期待できるでしょう。

ワールドプレミアは、2019年10月以降と思われます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ランボルギーニのワンオフオフローダー「ウラカン・ステラート」、まさかの市販化!?
アストンマーティン ヴァルキリー、限定25台の「レッドブル・シグネチャーエディション」が存在!?
過激チューンのゲンバラ、新型スーパーカーを独自開発へ!800馬力のエンジンをミッドシップに搭載
新型ゴルフにも最強「R」が登場。でも「ドリフトモードは搭載しない」!?
復活の三菱・パジェロミニ、新型は4ドアに?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事