小さなEクラスを発見。謎のメルセデス・ベンツの正体はあのスポーツカー新型か!?

●見た目は変なEクラス、中身は新型SL!?

謎のメルセデスベンツ「Eクラス」開発車両をカメラが捉えました。端に切り詰められたホイールベースから、まるで「ミニEクラス」のようですが、実はオープンスポーツカー「SL」次期型のテストミュールといいます。

目撃したプロトタイプは、フロントマスクはEクラスですが、バンパーにカナード、セダンより広いトラックを示唆するフェンダーフレアを装備し、リアドアがショートカットされています。

さらに巨大なブレーキ、キャビン内にはロールケージが見てとれ、2ドアスポーツの開発車両と予想されますが、SL次期型ならば、現行モデルのテストミュールを使用しないのか疑問に思うかもしれません。

これは次期型では格納式ハードトップを捨て、2シーターから2+2レイアウトが予想されているため、Eクラスを選んだと思われます。これにより、BMW8シリーズやポルシェ911カブリオレとの競争力を高めるはずです。

次期型SLのパワートレインでは電動化が進みます。最高出力370psおよび436psを発揮する2種類の3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジン+電気モーターのEQブーストをラインアップ。同ブランドでは、フルEVに「EQ」、プラグインハイブリッドには「EQパワー」、高性能ハイブリッドは「EQパワー+」、そして最もマイルドなハイブリッドが「EQブースト」の名称が与えられています。

トップモデルには、最高出力630psを発揮する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジン搭載の「SL63」などが予想されていますが、ワールドプレミアは、最短でも2021年になるでしょう。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ランボルギーニのワンオフオフローダー「ウラカン・ステラート」、まさかの市販化!?
アストンマーティン ヴァルキリー、限定25台の「レッドブル・シグネチャーエディション」が存在!?
過激チューンのゲンバラ、新型スーパーカーを独自開発へ!800馬力のエンジンをミッドシップに搭載
新型ゴルフにも最強「R」が登場。でも「ドリフトモードは搭載しない」!?
復活の三菱・パジェロミニ、新型は4ドアに?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事