コックピットを激写! MINI史上最速の新型「JCW GP」はレーシーな専用メーターを装備!?

MINI史上最強・最速となる新型「JCW GP」のコックピットをカメラが初めて捉えました。

撮影に成功したキャビン内では、中央のデジタルディスプレイや、操作ダイヤル、ギアシフターなどに特別変化は見られませんが、ステアリングホイールの奥に設置されるインストルメントクラスタに大きな変化が見られそうです。

布がかけられ、全貌は確認できませんが、丸みのあるコンパクトなスクリーンに置き換えられているのがわかります。情報によるとレーシーで「JCW GP」のみに与えられる専用のクラスタを装備している可能性があるようです。さらにアルカンターラ製のスポーツ用バケットシートも見てとれます。過激なエクステリアと合わせて、プレミアム感が一層引き立つモデルとなりそうです。

足回りにはよりハードに設定されるサスペンション、パフォーマンスタイヤ、ブレーキシステムを搭載。予想されるパワートレインは、BMW「X2 M35i」から流用される2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力はベースとなる「JCW」の231psから70ps以上アップする302psとなります。

ワールドプレミアは、9月のフランクフルトモーターショーと予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ポルシェ 718ケイマン GT4 RS外観_003
ポルシェ・ケイマンにさらなる最強モデルが登場! 450馬力の「GT4 RS」開発車両をスクープ
テスラ モデルS外観_003
次世代パワートレイン「プレイド」で最速4ドアEV奪取へ! テスラ「モデルS」のスペシャルモデルをキャッチ
シュコダ オクタビア RS外観_007
ボディが大きく変形! VW傘下のチェコ・シュコダ社最速ワゴン、テスト走行中に大クラッシュ
BMW M2 コンペティション外観_001
BMW M2、いよいよ電動化へ。48Vハイブリッドモデルが計画中
ベントレー フライングスパー スピード外観_003
ベントレー最速の4ドアサルーン・フライングスパーに680馬力の「スピード」設定へ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事