コックピットを激写! MINI史上最速の新型「JCW GP」はレーシーな専用メーターを装備!?

MINI史上最強・最速となる新型「JCW GP」のコックピットをカメラが初めて捉えました。

撮影に成功したキャビン内では、中央のデジタルディスプレイや、操作ダイヤル、ギアシフターなどに特別変化は見られませんが、ステアリングホイールの奥に設置されるインストルメントクラスタに大きな変化が見られそうです。

布がかけられ、全貌は確認できませんが、丸みのあるコンパクトなスクリーンに置き換えられているのがわかります。情報によるとレーシーで「JCW GP」のみに与えられる専用のクラスタを装備している可能性があるようです。さらにアルカンターラ製のスポーツ用バケットシートも見てとれます。過激なエクステリアと合わせて、プレミアム感が一層引き立つモデルとなりそうです。

足回りにはよりハードに設定されるサスペンション、パフォーマンスタイヤ、ブレーキシステムを搭載。予想されるパワートレインは、BMW「X2 M35i」から流用される2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力はベースとなる「JCW」の231psから70ps以上アップする302psとなります。

ワールドプレミアは、9月のフランクフルトモーターショーと予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ランボルギーニ・ウルスがライバル! 新型BMW・X6Mの最終デザインを確認
ランボルギーニのワンオフオフローダー「ウラカン・ステラート」、まさかの市販化!?
アストンマーティン ヴァルキリー、限定25台の「レッドブル・シグネチャーエディション」が存在!?
過激チューンのゲンバラ、新型スーパーカーを独自開発へ!800馬力のエンジンをミッドシップに搭載
新型ゴルフにも最強「R」が登場。でも「ドリフトモードは搭載しない」!?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事