【新車】プジョー308のガソリンエンジン仕様がアップデート。最新の燃費規制をクリアする1.2L+8ATが設定

欧州Cセグメントのプジョー308に、欧州環境規制に対応した新しい直列3気筒1.2Lガソリンエンジンと電子制御式8速ATの「EAT8」を組み合わせた新しいガソリン仕様が設定されました。

今回搭載される直列3気筒1.2Lガソリンエンジンはパフォーマンスを維持しながらも、新しい欧州環境規制である「EURO6.2」に対応するため改良が施されています。新しいインジェクションシステムをはじめ、さらなる排ガス基準に対応するべく燃料噴射ポンプの圧力は250バールにまで高められています。センサーは2つに増強され、ガソリン専用のGPF(Gasoline Particle Filter)を採用。ターボは電子制御式に変更されています。

電子制御式8速ATの「EAT8」は、2018年12月に発表・発売された新型1.5Lクリーンディーゼルエンジン仕様に続き、このガソリンエンジン仕様にも搭載されたことになります。今回のガソリン仕様の8AT化により、プジョー308は全車8速AT&パドルシフト付きになりました(GTiをのぞく)。

3つのドライブモードを選択可能で、とくにエコモード時は新しく搭載されたフリーホイールにより、走行条件が合えばアクセルオフ時にクラッチを切り燃費改善を図る機能も用意されています。JC08モード燃費は「308 Allure」「308 SW Allure」ともに17.0km/Lで、WLTCモードは15.6km/L。

今回の改良同時に運転支援機能やアクティブクルーズコントロールが標準装備された特別仕様車の「308 GT Line」も設定されています。価格は「308 Allure」が2,839,000円、「308 SW Allure」が3,087,000円、「308 GT Line」が3,089,000円です。

(塚田勝弘)

『プジョー』の最新記事
プジョー208、2008、308/308SW、3008、5008、508/508SWの購入サポートが利用できる「PEUGEOT ULTIMATE OFFER」などを実施
人気SUVのプジョー3008・5008に、スポーティなトリム、電動シートヒーターを追加した特別仕様車を設定【新車】
新型208とe-208
プジョーショー2019が19日から六本木ヒルズで開幕! 新型208&e-208とリフターを一足早くチェックできる
ルノー・カングーに最強のライバルが出現!? MPVのプジョー・リフターは先進安全装備を満載【新車】
日本登場予定の新型プジョー208/e-208、新コンセプトMPV「リフター」が六本木ヒルズで10月19日〜26日まで展示
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事