レクサス・LSのOEタイヤにダンロップのランフラットタイヤ「SP SPORT MAXX 050 DSST CTT」が採用

住友ゴムはダンロップの「SP SPORT MAXX 050 DSST CTT」が、国内向けレクサスLSの新車装着タイヤとして納入を開始したと発表しました。

「SP SPORT MAXX 050」は、高級輸入車などに装着されるダンロップのハイパフォーマンスタイヤで、「DSST CTT」は同ブランドのランフラットタイヤを示しています。

今回、レクサスLSのOEタイヤに選定された「SP SPORT MAXX 050 DSST CTT」は、ランフラットタイヤでありながら、同モデルに求められる乗り心地を良さ、そして高い操縦安定性も実現したとしています。レクサスLSの優れた運動性能と上質な乗り心地の実現に貢献しながら、最先端のランフラットタイヤ技術による高い安全性を提供。

 

ランフラットタイヤは走行中に空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行できるタイヤ。安全性向上はもちろん、スペアタイヤが不要になるため、省資源、ボディの軽量化を同時に実現できます。

なお、2018年1月にはダンロップの「SP SPORT MAXX A1 A/S DSST CTT」が北米向けのレクサスLSにOEタイヤとして装着されたとアナウンス済みです。

(塚田勝弘)

『LEXUS』の最新記事
2020年夏頃発売予定。レクサスLCコンバーチブルのティザーサイトがオープン
さらばレクサスGS。最後の特別仕様車・Eternal Touringが登場【新車】
レクサス UX
ハイブリッドモデルのレクサス「UX250h」に、特別仕様車の“Brown Edition”を設定
レクサス LX_001
レクサス「LX」に2ドアコンバーチブル登場。子ども用玩具ながら重大な任務をもったモデル!?
レクサス初のEV「UX300e」、新型コロナでジュネーブショーデビューは大丈夫?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事