メルセデスAMG史上最速の「GT ブラックシリーズ」、市販型を初スクープ!

メルセデスAMGのハードコアモデル「AMG GT」ファミリーの頂点に君臨する「AMG GTブラックシリーズ」の市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

捉えた開発車両は「GT Rプロ」と多くの類似点を共有していますが、いくつかの違いも見られます。

フロントエンドには、パナメリカーナグリルと接するカナード、フロントリップスポイラーを装備。またそれを支えるブラケットは「GT Rプロ」より明らかに大型です。サイドにはフロントフェンダーのエアベントにカナードが装着され、サイドスカートや大型ブレーキキャリパーも確認できます。リアエンドでは、大型のリアウィング、クワッドエキゾーストパイプも専用のデザインとなっています。

心臓部には、GT Rプロと共有する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。GT Rプロでは最高出力585psを発揮し、「GT 63S 4ドアクーペ」では最高出力639ps発揮しますが、ブラックシリーズではそれらを凌駕する650psも噂されています。

またGT Rプロからの大幅な軽量化が図られるため、F1エンジンを搭載するハイパーカー「One」を除けば史上最速のAMGモデルになることは間違いないと思われます。

メルセデスAMG最高経営責任者であるトビアス・メアース氏は、このブラックシリーズが2020年にも発売されることを示唆しています。

(APOLLO)