【新型プジョー508試乗】プジョー史上最高傑作の走りを堪能できる秀逸なパワートレーン

新型プジョー508が日本に上陸しました。運転席に乗り込むと、マッサージ機能付のフロントシートにはランバーサポート備わり、シートハイトはもちろん、座面の前後長調整機能などにより最適な運転姿勢が取れます。

一方で「Peugeot i-Cockpit」の特徴である小径ステアリング上側からのぞくメーターにより、ステアリングのチルト機構は、あまり上まで上がらないようになっていて、シートハイトで座面を上げていくと、相対的にステアリングが低く感じます。

小径ステアリングの採用により実際のクルマの動きよりも機敏に動くように感じるのが、「i-Cockpit」を採用している最近のプジョー車の特徴。新型508も例に漏れず、少しの舵角でも鼻先を変えるような、軽快なフットワークを演出しています。それでもワインディングや高速走行時のレーンチェンジ時などでは、意外と安定志向で、直進安定性の高さも光ります。

ボディの剛性感も高く、24mに及ぶというウェルドボンド(構造用接着剤)の採用、同程度の装備で先代よりも70kgも軽量化を果たしたことで、高速走行時の旋回性は、軽快でスタビリティの高さも披露してくれます。

プジョー車にソフトな乗り味を期待する人も多いと思いますが、乗り心地は結構シャープで、プジョー初の電子制御アクティブサスペンションを「コンフォート」にしてもフワッとした動きにはなりません。それでも、不快な上下振動や横に揺さぶられるような動きはなく、よく動く足まわりは軽く、軽量ブーツくらいのタッチに感じられます。

パワートレーンの完成度も秀逸。1.6Lガソリンターボは、180PS/250Nmというスペック以上に実用域からトルク感があり、高速域の伸びも十分。とくに高速道路や山岳路で軽快感が際立ちます。

一方の2.0Lディーゼルターボは、177PS/400Nmという分厚いトルクが魅力で、街中からのスタートはもちろん、高速道路での追い越し時も余裕をもって加速できます。長距離を走るのであれば2.0Lディーゼルがイチ押し。

街中中心で、時にはロングドライブも楽しみたいというニーズにも1.6Lガソリンも十分に応えてくれます。組み合わされるトランスミッションは8ATで、スムーズかつダイレクト感があり、退屈な変速ではありません。どちらを選んでも魅力十分というパワートレーンになっています。

価格は1.6Lガソリンの「508 Allure」が417万円。2.0Lディーゼルの「508 GT Line」が459万円、「508 GT」が492万円。「508 Allure」でも先進安全装備は完備されていますから、十分に新型508の魅力を満喫できます。

(文/塚田勝弘 写真/前田惠介)

『プジョー』の最新記事

【新車】人気のプジョー・208に、充実装備の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」を設定
ライオンの牙と爪はプジョーの救世主なのか? 新型508のデザインにおける「新しい個性」を探る
【新車】売れ筋SUVのプジョー3008と3列シートSUVのプジョー5008のガソリンエンジンが改良。トランスミッションも8ATに進化
【新車】プジョー308のガソリンエンジン仕様がアップデート。最新の燃費規制をクリアする1.2L+8ATが設定
【新型プジョー508試乗】ファストバックスタイルを採用した新型のボディサイズ、デザイン、居住性は?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事