新型ホンダ・フィットはこうなる!? 早ければ今年後半に登場

●「i-MMD」ハイブリッドはもちろん、EVの登場も予想される新型フィット

4月以降、偽装の軽くなったホンダのコンパクトモデル「フィット」の新型プロトタイプが続々と目撃されていますが、予想CGを入手しました。

描いたのはブラジルのデザイナー、Kleber Silva氏です。先日スクープした開発車両と比較すると、フロントマスクには実車と同様にL字に上へ伸びるLEDデイタイムランニングライトを装備。プロトタイプではグリルやコーナーエアインテークが隠されており、最終的にCGのようなデザインとなる可能性もあるようです。

実車のリアエンドでは、ワイドなテールライトの一部が見えていましたが、CGでは、現行モデル風にDピラーに伸びています。しかし、一部噂ではこのようなデザインも予想されており、当たっている可能性もあります。

パワートレインは、1.0リットル直列3気筒エンジン、最高出力110psを発揮する1.3リットル直列3気筒ガソリンエンジン、最高出力153psを発揮する1.5リットル直列4気筒+「i-MMD」ハイブリッドモデル、航続300kmのEVなどのラインアップが予想されます。

ワールドプレミアは最速で2019年後半、遅れれば2020年前半となるでしょう。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に
ポルシェはEVにも「ターボ」!? タイカン最終デザインついに露出
新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事