平成生まれのクルマに乗ろう!1992年(平成4年)スバルインプレッサ【中古車】

平成4年(1992年)頃にはバブル経済が終焉を迎えようとしてましたが、国産メーカーはまだまだ元気一杯で、日産レパードJフェリーをはじめ、ホンダCR-Xデルソル、そしてマツダは多チャンネル化により、クロノス、MX-6,ユーノス500など様々なモデルを発表するものの、苦戦を強いられます。そんな中で国内だけでなく、グローバルで成功したのがスバルインプレッサです。

1992年10月に登場したインプレッサはセダン、スポーツワゴンの2つのボディタイプを用意。セダンには2Lターボエンジンを搭載したWRXを設定しました。

このインプレッサは元々WRC(世界ラリー選手権)に参戦するために開発されたモデルで、後に登場するインプレッサWRX STIをベースとしたラリーカーで多くの栄冠を手にしました。

初代インプレッサセダンの中古車の現在の流通台数は17台。3カ月前も18台だったので、横這いといえます。平均価格は3カ月前の約83万円から約73万円へと10万円値落ちしています。一方、スポーツワゴンの中古車の流通台数は10台で、3カ月前は約37台だったので、減少しています。そして平均価格は3カ月前が33万円でしたが、今月は37万円とやや上昇しています。セダンとワゴンで大きな価格差となっています。

インプレッサセダンの中古車価格帯は19万〜150万円(応談を除く)。グレードは2.0LターボのWRXが中心です。またスポーツワゴンの価格帯は15万〜68万円でこちらもWRXが最も多くなっています。

(萩原文博)

この記事の著者

萩原 文博

萩原 文博 近影
クルマ好きの家庭教師の影響で、中学生の時にクルマ好きが開花。その後高校生になるとOPTIONと中古車情報誌を買い、免許証もないのに悪友と一緒にチューニングを妄想する日々を過ごしました。高校3年の受験直前に東京オートサロンを初体験。そして大学在学中に読みふけった中古車情報誌の編集部にアルバイトとして働き業界デビュー。その後、10年会社員を務めて、2006年からフリーランスとなりました。元々編集者なので、クルマの魅力だけでなく、クルマに関する情報を伝えられるように日々活動しています!