アストンマーティン初のSUV「DBX」のコックピットを初激写! メルセデス製パーツの多用が判明

アストンマーティンは、ブランド初となるクロスオーバーSUV「DBX」を開発しており、プロトタイプの画像が公開されていますが、そのコックピットを初めて撮影に成功しました。

映されたキャビン内には、エアバックを欠いたステアリングホイール、大型ディスプレイにはMBUXインフォテインメントシステムのメニューが表示されているように見てとれるなど、メルセデス・ベンツと共有するコンポーネントが多数みられます。またギアシフター周りのボタンや、センターコンソール外側にある電動シートボタンもメルセデス・ベンツから流用されているようです。

エクステリアでは、グリル、ヘッドライト、公開されているプロトタイプより露出しているフロントバンパー、フラッシュマウント・ドアハンドル、ルーフスポイラーを備える独特なデザインのテールゲート、デュアルエキゾーストパイプなどが見てとれます。

パワートレインは、メルセデス・ベンツ製4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンをアストンマーティンがチューン。最高出力は510ps・最大トルク685Nmを発揮し、8速ATと組み合わされると予想されます。また高性能なハイブリッドモデルの設定も噂されており、駆動方式は全輪駆動システムとなります。

アストンマーティンは、2020年から英国ウェールズ州セント・アサンに建設中の新工場で、DBXの量産を開始すると発表しています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

欧州ベストセラーミニバンが進化。 ルノー・エスパスの改良型は内外装を一新して登場?
高性能バージョン「M235i」か? BMW「2シリーズ グランクーペ」ド派手プロトタイプ登場
Aクラス初のPHVモデル、9月デビューが決定! その強力パワートレインとは?
ピックアップトラックにも「NISMO」が設定!? ハイパワーモデルで販売強化を狙う日産
メルセデス・ベンツ SLの次期型は2021年登場? ダイナミックな快適性を持つモデルに進化
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事