FFになっても「駆け抜ける歓び」は健在! BMW・新型1シリーズの最強ホットハッチをキャッチ!

●新型BMW・1シリーズの最強モデルがニュルでテスト

BMWのエントリーハッチバック新型「1シリーズ」に設定されるハイパフォーマンスモデル「M135i」の市販型プロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを開始しました。

キャッチした開発車輌はメッシュのキドニーグリル、新デイタイムランニングライトを備えるフルLEDヘッドライト、フロントスプリッター、シャープにつり上がる大型のコーナーエアインテークの形状まで露出しています。リアエンドでは、ディフューザーに統合されたツインエキゾーストパイプ、L字に点灯するテールライト、バンパーサイドにはエアアウトレットなどアグレッシブな姿が見てとれます。

室内では、ブルーに光るアンビエント照明システムを備えたファンキーなドアトリムを装備し、コンパクトモデルながらもゴージャス感がアップされています。またコックピットには、ワイドなインフォテインメントディスプレイ、その下にツインレジスター、スイッチ類を配置されるほか、ギアシフターやiDriveコマンドダイヤルなど「3シリーズ」新型と酷似したレイアウトが確認できます。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒ツインターボ・ガソリンエンジンを搭載し、最高出力は306psが予想されています。プレミアムFRハッチバックとしてBMWらしいスポーツ性能が売りだった1シリーズですが、新型ではFFになることが決定しており一部ファンが落胆していると伝えられます。

しかしBMWでは、「かなりダイナミックな内部空間を提供しつつ、コンパクトクラスの最高レベル・ドライビングを可能にする」と主張しているとおり、ニュルでも安定した高速性能を発揮していたようです。

「1シリーズ」新型のワールドプレミアの場は9月のフランクフルトモーターショーが有力ですが、そのまえにオンラインデビューも予想されます。「M135i」のデビューは2020年3月のジュネーブモーターショーとなりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に
ポルシェはEVにも「ターボ」!? タイカン最終デザインついに露出
新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事