新型マツダ・アクセラに250馬力の高性能モデル「スピード」が設定か?

マツダは新型「アクセラ/Mazda3」を発表したばかりですが、早くもハイパフォーマンスモデル「マツダ スピード アクセラ」が設定される可能性があることが、英Autocar誌の調べでわかりました。

調べによると、注目のパワートレインは「アテンザ/Mazda6」から流用される2.5リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンで、最高出力は253ps・最大トルク420Nmを発揮。これにより、最高出力189ps・最大トルク252Nmを発揮する2.5リットル直列4気筒自然吸気エンジンを大きく超えるといいます。2006年には『マツダスピード アクセラ』(北米名Mazdaspeed3)が発売されおり、発売されれば14年ぶりの復活となります。

駆動方式は前輪駆動のFFか、全輪駆動か、または両方設定されるか不明ですが、トランスミッションは6速MTが期待されています。「マツダスピード アクセラ」新型デビューは、2021年までに実現される可能性が高いようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に
ポルシェはEVにも「ターボ」!? タイカン最終デザインついに露出
新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事