所変われば人気も変わる!? 北米版の日産・ノート、「ヴァーサ ノート」に販売終了の噂

●日本で人気のノートもアメリカ大陸では苦戦中

日産がアメリカ大陸で販売するコンパクト・ハッチ「ヴァーサ・ノート」が、2019年をもって生産終了となる可能性があることがわかりました。

ヴァーサ・ノートは、日産のハッチバック「ノート」の海外版として、2013年からアメリカ市場に投入されているモデルです。

日本では、大人気を得ているノートですが、2018年のアメリカでの販売は前年比29%減まで落ち込んでいます。日本とは異なる道路状況からも、アメリカではSUVなどに人気が集中していることが原因となっているようです。

販売台数としては昨年度は76,000台を販売しており、けっして少なくはありません。しかし、ハッチバックとセダンを足した台数であるうえ、ほとんどがセダンという現実もあり、この方向転換は仕方ない状況と言えるかもしれません。

代替モデルとしては、日産が2018年から米国市場に導入されているコンパクト・クロスオーバーSUV「キックス」や、EV「リーフe-Plus」などが挙げられるでしょう。また「ヴァーサ セダン」」新型にも期待がかけられています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に
ポルシェはEVにも「ターボ」!? タイカン最終デザインついに露出
新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事