【新車】レクサス・NXが最新の「Lexus Safety System +」を装備。安全性の向上とドライバーの負担軽減を目指す

●レクサスブランドの中核モデルとなった「NX」がマイナーチェンジ

レクサスは2019年4月18日、レクサス・NXの一部改良を実施しました。発売は2019年5月6日。

「Premium Urban Sports Gear」を掲げる同SUVは、2014年のリリース以降、若年層を中心に全世界で支持され、RXとともに同ブランドの中核モデルとしてグローバル販売を牽引。RXよりもひとまわりコンパクトということもあり、日本でも幅広い層から人気を集めています。

今回の一部改良では予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」の各機能を進化させ、事故の防止や交通事故死傷者のさらなる低減と、ドライバーの負担軽減を目指すとしています。

『LEXUS』の最新記事

絶滅危惧種? レクサスRC Fの5リッター・ V8・NAエンジンをブン回す快感!【LEXUS RC F試乗記/渡辺敏史】
レクサスRC FのOEタイヤに選定された「ミシュラン パイロット スポーツ 4 S」
【新車】レクサスRC Fがマイナーチェンジ。軽量化および最高出力向上でさらなる高みを追求
レクサス・LSのOEタイヤにダンロップのランフラットタイヤ「SP SPORT MAXX 050 DSST CTT」が採用
トヨタがカナダでレクサスNXの生産を開始。新型RAV4、レクサスRXとともに北米市場でのSUV拡大を担う

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事