【新車】MINI生誕60周年を記念した「MINI 60 YEARS EDITION」を3ドア/5ドア仕様に設定

●専用装備を多数採用。MINIの伝統を今に伝える「MINI 60 YEARS EDITION」

英国を代表するスモールカーのBMCミニは、アレック・イシゴニス技師により、よく知られている横置きFFレイアウトを採用しただけでなく、エンジンとトランスミッションの2階建て構造とすることで、BMCで「モーリス・ミニ・マイナー」「オースチン・セブン(7)」を生み出すという従来になかったレイアウトを採用しています。その後、MINI(ミニ)が名車になった経緯は省きますが、コンパクトボディでも大人4人が乗れるレイアウトを具現化した功績は絶大です。

時は流れてBMWのサブブランドになったMINI。BMWは生誕60周年を記念して伝統的なスポーティさを際立たせ、専用装備を多数採用した限定車「MINI 60 YEARS EDITION(ミニ・シックスティ・イヤーズ・エディション)」を設定。4月18日から予約注文の受付を開始し、6月中旬より順次デリバリーを開始します。

「MINI 60 Years Edition」は、MINIの伝統を受け継ぐMINI 3ドア/5ドアをベースに、60周年を迎えた英国生まれのアイデンティと俊敏で力強い個性を際立たせた限定車。BMWブランドになってもMINIのいわゆる「ゴーカート・フィーリング」と呼ばれるフィーリングや、空間の創造的活用という哲学などの伝統を守りながらも、常に変化し続けてきたとしています。

ボディカラーは、英国のクラシックレーシングカーを彷彿とさせる「ブリティッシュ・レーシング・グリーン・メタリック」に加えて、「ミッドナイト・ブラック・メタリック」「ムーンウォーク・グレー・メタリック」の3色をラインアップ。

ルーフとドアミラーキャップに「ペッパー・ホワイト」をペイントし、60周年専用ロゴが随所に配されています。ロゴは「60」の文字がストライプ状にデザインされたもので、MINIのスポーティさと俊敏さを象徴するデザインになっています。

そして、ボンネットストライプやサイドスカットル、ドア開錠時に運転席側の足元に浮かび上がるロゴ・プロジェクションなどに採用されています。さらに、17インチの専用アロイホイールは、ロゴと同様にストライプ状のモチーフを使った専用デザインが与えられています。

内装は、「MINI Yours」のレザーシートやスポーツレザーステアリングが装備され、上質なキャビンに仕立てられています。シート、ステアリング、インテリアパネル、ドアシルプレートなどの車内にも60周年のロゴが配されていて、内外装ともに一目で特別なモデルなのが分かります。

機能も充実していて、カメラ&パーキングアシストパッケージ、クルーズコントロールなどの運転支援機能のほか、前席のシートヒーターやLEDライト・パッケージなどを特別装備。また、Cooper S/Cooper SDには、アクティブクルーズコントロールが装備されます。

MINI 3ドア/5ドアに設定される「MINI 60 YEARS EDITION」の価格帯は3,820,000円〜4,630,000円です。

(塚田勝弘)

『BMWミニ』の最新記事

【新車】日本のジャズの聖地「Blue Note Tokyo」とコラボした「MINI Clubman Blue Note Tokyo Edition」が登場
【ミニ・ジョンクーパーワークス・クラブマン試乗】もっとも「ミニらしくないミニ」だが、その性能は高く評価したいモデル
アレック・イシゴニスが1959年に生み出した「ミニ」の誕生60周年を記念した特別モデル【画像ギャラリー】
【ミニ誕生60周年】60周年を記念してさまざまなイベントを予定。新たな特別仕様車にも注目
【ミニ誕生60周年】旅をテーマとした特別仕様車「ミニ・クロスオーバー・ノーフォーク・エディション」が登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事