2020年モデルの「NISSAN GT-R NISMO」は、GT3レーシングカー譲りの新型ターボを搭載【新車】

●入念な熟成により、さらにパフォーマンスが向上したGT-R NISMO

2019年4月17日に発表された日産GT-Rの2020年モデル。同時に発表されたGT-Rニスモ仕様の2020年モデルは、来月5月中旬より先行予約受付が開始されます。なお、現時点で価格はアナウンスされていません。

「NISSAN GT-R NISMO」2020年モデルには、2018年のGT3レーシングカーから採用されている新型ターボチャージャーを搭載。NISMO用の新たなタービンブレードは、枚数を減らすと共に最新の流体・応力解析を使い、形状を徹底的に見直すことで、出力を落とすことなくレスポンスを約20%向上させたとしています。コーナーの立ち上がりなど、アクセルを踏み込んだ際のレスポンスを向上。

さらに車両重心点から遠いルーフやエンジンフード、フロントフェンダーに軽量素材のカーボン素材を配置することで、車両の軽量化、コーナリング性能の向上も果たされています。とくに、ルーフにはカーボン素材の間に、より低比重の材質を挟み込むサンドウィッチ構造が採用され、さらなる軽量化を実現。こうした外装部品により約10.5kgの軽量化を達成したそう。

内装では新開発のRECAROシートに注目。同シートは、一体感を一段と高めるため、ドライバーの肩甲骨から脇腹、骨盤を安定して支える構造を採用。さらに、カーボンシェルにコアフレーム構造を追加することで、軽量化をしながら剛性も引き上げられています。

また、GT3レーシングカーを彷彿とさせるフロントフェンダーのエアダクトは、エンジンルームからの熱を逃がすだけでなく、エンジンルーム内の内圧を下げ、エアダクトの排出風によってフェンダー外表面の流速を下げることにより、表面リフトを減少。フロントタイヤのダウンフォースを増やす効果ももたらすとしています。

新たに開発された世界最大級のサイズを誇る超高性能のカーボンセラミックブレーキは、世界トップクラスの制動性能を謳うだけでなく、サーキットにおける高Gでの効きの良さと、一般道などでの低Gでのコントロール性の両立を実現したそう。

さらに、ブレーキローターの大径化に合わせて、ピストン配列が最適化された専用の高剛性キャリパー、新しい摩擦材のブレーキパッドも開発され、高負荷状況だけでなく、日常的な使用においても圧倒的な制動力と優れたコントロール性を確保したとしています。2020年モデルのニスモ仕様は、この新開発のカーボンセラミックブレーキとカーボン製の外装部品やRECAROシートなどを合わせて、合計で約30kgの軽量化が図られています。

足元ではさらに、9本スポークの軽量で高剛性な鍛造アルミホイールと、新開発のハイグリップゴムを採用し、走行中の接地面積を最大化したハイグリップタイヤが新たに開発されています。

電子制御サスペンションのセッティングも施されています。軽量化されたブレーキに加えて、ばね下重量を大幅に削減し、路面をより確実にとらえ、凹凸にあわせてタイヤのグリップを最大限使うことが可能に。高車速域においてもステアリングの修正は最小減に抑えられ、コーナリング時の旋回Gが向上し、より速いコーナリングを実現するそうです。

(塚田勝弘)

『日産・GT-R』の最新記事
2020GT-R NISMO
「このブレーキ、すげえ……」。2020 GT-R NISMOはトータルバランスにも優れたスーパーカーだった【井出有治・試乗・動画】
2013年モデルのGT-Rをニスモがチューニング。ニュル最速仕様をリファイン【ニスモ GT-R クラブマンレーススペック】
GT-R MY13 CRS 走り
2013年モデルをベースに国内サーキット向けにセッティングした「ただ者じゃない」モデル【日産・GT-R クラブマンレーススペック試乗】
R32GT-Rの中古車
日産スカイラインGT-R専門店に聞いてみた! 第二世代GT-Rを買うなら今? それとも待ち?【気になる中古スポーツカー・バイヤーズガイド】
日産GT-R 2020年モデル
日産・GT-R 2020年モデルの走りを支えるダンロップ「SP SPORT MAXX GT600 DSST CTT」
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事