ステーションワゴンそのままの使い勝手とハイエンドオーディオ、充実の安全装備が魅力【ボルボV60クロスカントリー試乗】

ステーションワゴンのV60の車高を引き上げ、V90クロスカントリーの足まわりを活用して仕立てられたV60クロスカントリー。

当然ながら使い勝手はワゴンそのもので、前後シートへの乗り降りは低すぎず高すぎずといったところで、背の高いSUVのようによじ登るような感覚はありません。後席の足元、頭上空間ともに身長171cmの私が座る分にはまさに十分で、横方向も広く、身長180cmの方が4人座っても窮屈にはならないはず。

最大の魅力は、V60と同様に広々したラゲッジスペース。529Lの荷室容量は、アウディA4アバントの505L、メルセデス・ベンツのCクラス・ステーションワゴンの460L、BMW3シリーズ・ツーリングワゴンの495Lと比べるとかなり広くなっています。ただし、現行V60は、よりコンパクトだった先代V60の新型である一方で、旧V70の575Lよりは小さくなっています。後席の格納は、荷室サイドにあるスイッチ操作で可能です(戻す際は手動)。

そのほか、インテリアでは「SENSUS(センサス)」と呼ばれるタッチスクリーンや音声操作が可能なインフォテイメントシステムは、「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応しています。

オーディオは「Bowers&Wilkins」が用意され、「T5 AWD Pro」には、パーフォレーテッド・ファインナッパレザーシート、「Harman/Kardon」プレミアムサウンド・オーディオシステム(600W、14スピーカー)などが用意されています。

充実の安全装備ももちろんポイントで、「パイロットアシスト」により139km/hまで可能な車線維持機能、対向車対応機能(シティセーフティ)、ステアリングサポートなどボルボが誇る最新の安全装備を満載。V60クロスカントリーの価格は「T5 AWD」が549万円、「T5 AWD Pro」が649万円です。

(塚田勝弘)

『ボルボ』の最新記事
ボルボ
最高速度は180キロ。スピード超過(最高速度制限)、飲酒運転、薬物使用に対策を施し、死亡者や重傷者ゼロを目指すボルボ
ボルボ
ボルボが次世代車の自動運転用にアメリカのルミナー社製ライダーを採用
ボルボ XC90
電動パノラマサンルーフや専用20インチアルミホイールを備えた特別仕様車「XC90 B5 AWD Momentum」【新車】
人気SUVのボルボXC60、大型SUVのXC90に48Vマイルドハイブリッド、エンジン気筒休止システムを搭載【新車】
ボルボ XC40 リチャージ
欧州の一部で受注を開始したボルボ初のEV「ボルボ XC40 リチャージ P8 AWD」とは?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事