新型シルフィが日産GT-R同等の空力性能を実現! 100%電気自動車のコンセプトカー「IMs」も進化!!【上海国際モーターショー2019】

■シルフィなのにスポーティでカッコよくなって登場!

2019年4月16日、日産自動車は上海国際モーターショー2019において、最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術を搭載した新型「シルフィ」をワールドプレミアしました。日本でも現行シルフィは発売されていて、今回中国で発表された新型は、燃費性能を向上させた新しいパワートレインを採用し、より低重心でワイドなスタンスとともに空力性能を向上させた外観デザイン、そして広々として質感の高い内装が自慢。

まず目を惹くのがスポーティな外観。低い重心と流線形のエクステリアデザインにより空気抵抗を低減し、GT-Rと同等のCd値0.26を実現したそう。フロントには、日産デザインを象徴するVモーショングリルを、リヤにはブーメラン型LEDライトが採用され、サイドは静止している時でも動きを感じさせるダブルウェストラインを特徴としています。

搭載されるエンジンは、最新のHR16DE型とエクストロニックCVTを搭載し、燃費性能を向上させながらリニアでスムーズなドライビングが可能だそう。さらに、ハンドリングを向上させ、より安定したドライビングフィールを得るため、ステアリングやサスペンション、ボディの剛性を向上。

『日産自動車』の最新記事

【人とくるまのテクノロジー展2019 横浜】軽自動車用に開発された最新パワートレインをチェック
「インテリジェント高速道路ルート走行」で手放し運転ができる根拠と、手放し運転の作動時間は?【日産プロパイロット2.0】
プロパイロット2.0が実現するインテリジェント高速道路ルート走行とは?【日産プロパイロット2.0】
手放し運転が可能となる世界初の運転支援システム「プロパイロット2.0」を今秋発売のスカイラインに搭載【日産プロパイロット2.0】
日産グローバル本社ギャラリーで開催される「ゴールデンウィークイベント」親子で楽しめるコンテンツが盛りだくさん

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事