新型トヨタ・RAV4「Adventure」向けにモデリスタから「JAOS」仕様が登場

モデリスタは新型RAV4の標準グレード向けエアロのほか、「Adventure」グレード用キットも用意しています。「Advance」向けには、ベース車が持つラギッドテイストをより高める「JAOS」ブランドがセレクトされています。

「Advanced Protection Style」をコンセプトに掲げ、アウトドアギアを連想させる力強さとスポーティネスを両立。具体的には、LED イルミネーションが搭載された「ノーズプロテクター」「フロントバンパープロテクター」、タフなSUVらしさを強調する20インチアルミホイール&タイヤセットが設定されています。

フロントプロテクターキットは、Adventure向けで、LED サイドライト(ナンバープレート付)付車をのぞいて装着可能です。バンパープロテクター、ノーズプロテクターのセットで価格は154,440円。

このバンパープロテクターは、ハーフチューブ形のメッキ加飾とスポットLEDの組み合わせが特徴的なバンパープロテクター。メタルガードを彷彿とさせるハーフチューブ形のメッキ加飾と多灯アシストランプを模したスポットLEDを組み合わせることで力強さを強調。

ノーズプロテクターは、3つの長方形 LED とノーズ前方をカバーし、個性的なデザインが特徴です。アメリカ製ピックアップのルーフランプをイメージした という3 つの長方形 LED とノーズブラをイメージした本体との組み合わせにより、SUVの本場である米国のSUVテイストが演出されています。

そのほか、サイドプロテクター(62,640円)、ピラープロテクター(31,320円)も設定。サイドプロテクターは、彫の深いデザインを強調する塗分けがSUVらしいラギッド感をサイドスタイリングに追加。

ピラープロテクターは、フロントやサイドのスキッドガード部を引用したデザインと大型エンブレムを組み合わせることによって、前後ビューを受け止めると共に、幅の広いクォーターピラー部を力強く演出するとしています。

(塚田勝弘)

『トヨタ・RAV4』の最新記事
RAV4 プラグインハイブリッド。実は装備もちょっと違う【LAオートショー2019】
RAV4 プラグインハイブリッドのパッケージング。ユーティリティにまったく犠牲がない理由は【LAオートショー2019】
RAV4 プラグインハイブリッドのスタイリングは普通のRAV4とどう違う?【LAオートショー2019】
トヨタ車ではスープラの次に速い!? RAV4プラグインハイブリッドの凄さは加速性能【LAオートショー2019】
【LAオートショー2019】306psの高性能が自慢。RAV4のプラグインハイブリッドは日本でも発売
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事