「Audi Q2 e-tron」アウディ最小SUVもEV化へ…市販型プロトタイプ発見、上海モーターショーで発表か?

アウディ最小のクロスオーバーSUV、「Q2」の電気派生モデルとなる「Q2 e-tron」市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

2018年11月には、「Q2 L e-tron」プロトタイプを公開していますが、これがその最終市販モデルとなります。ベースとなるのは、中国専売のロングホイールベース版「Q2L」です。捉えた開発車両からは、ヘッドライトのLEDグラフィック、「L e-tron」と異なるのは、バンパーのエアインテーク、 サイドミラーのデザインが変更されています。また半分閉ざされたワイドシングルフレームグリルや、エキゾーストパイプがない点など、ベースモデル「Q2」と違いもあります。
市販型スペックは公表されていませんが、航続距離310マイル(500km)以上と噂されています。さらにエネルギーをエアコンや電装システムに供給し、走行距離を伸ばす太陽電池を埋め込んだルーフの採用など、最先端エコ技術の投入なども予想されています。またEV専用の「MEB」アーキテクチャを採用する「Q4 e-tron」市販型と異なり、再設計された「MQB」プラットフォームを採用し、フロントに電動モーターとバッテリーを搭載します。

アウディは、2020年までに12の新型EVモデルを発売予定で、2019年内には6つのプラグインハイブリッドを追加するようです。「Q2 e-tron」は、より大型の「e-tron」と同時に、2020年に中国専売として発表されると思われます。

ワールド・プレミアは4月16日から開催予定の上海モーターショーと発表されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に
ポルシェはEVにも「ターボ」!? タイカン最終デザインついに露出
新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事