トヨタブースに展示された「超過激」なハイラックス【バンコク・モーターショー2019】

3月下旬、タイ王国バンコク郊外で開催されたバンコクモーターショーでのトヨタブースには、かなり過激なドレスアップモデルが展示されていました。

ベースとなったのはタイで多大な人気を誇るピックアップトラックのハイラックスです。日本のモーターショーやオートサロンなどでもドレスアップカーやチューニングカーが展示されることが多い(オートサロンならそちらが中心)のですが、メーカー本体のブースに過激なチューニングカーが展示されることはあまりません。

このモデルを手がけたのはタイのチューニングブランドである「PSP」で、その手法はカーボンパーツの取り付けなどによるドレスアップですが、よく見れば車高は下がっているし、カナード風のチンスポイラーは装着されているし……とかなり力の入れようです。

なによりもビックリしたのが、タイヤがフェンダーからちょっとだけ出ていることでした。この状態で公道を走っているわけではないので、展示しているだけならノープロブレムなのでしょうが、その状態で展示しちゃうおおらかさに感心させられます。

インテリアをチェックするとシートはフルカーボンのフルバケットタイプが装着されていますし、ステアリングも3スポークの昔ながらのスポーティなタイプ(おそらくはmomo)に変更、さらにクイックリリースまでが装備されていました。

日本でピックアップのドレスアップといえば車高リフトアップ系ばかりですが、タイではピックアップトラックのサーキットレースが行われていることもあり、こうしたストリート系のチューンも割合と定番なのです。そういえば日本でもかつてはサニートラック(サニトラ)の走り屋系チューンって他たくさんあったなあ……と懐かしんでしまいました。

(文・写真:諸星陽一)

この記事の著者

諸星陽一

諸星陽一 近影
1963年東京生まれ。23歳で自動車雑誌の編集部員となるが、その後すぐにフリーランスに転身。29歳より7年間、自費で富士フレッシュマンレース(サバンナRX-7・FC3Sクラス)に参戦。乗って、感じて、撮って、書くことを基本に自分の意見や理想も大事にするが、読者の立場も十分に考慮した評価を行うことをモットーとする。理想のクルマ生活は、2柱リフトのあるガレージに、ロータス時代のスーパー7かサバンナRX-7(FC3S)とPHV、シティコミューター的EVの3台を持つことだが…。