GT-RとフェアレディZ次期型、日産期待のモデルの登場は2023年以降!?

日本を代表する2ドアスポーツ「GT-R」と「フェアレディZ」。次期型に関する情報が出てきては消える状況ですが、開発は継続されていることがわかりました。

これは、日産のチーフ・プランニング・オフィサーであるフィリップ・クライン氏がTop Gearのインタビューに答えたものです。

それによると「次期型に関しては沢山の答えがある。GT-RとフェアレディZには沢山のファンがおり、我々もそのファンだ。次期型の詳細を伝えることはできないが、計画していることは間違いない」とのこと。

これを聞いて一安心ではありますが、同氏はその方向性に迷いが生じているともいいます。つまり、内燃機関にこだわるのか、ハイブリッドやフルEVなど電動化に進むのかと言う所です。

また、トヨタ「スープラ」とBMW「Z4」が共同開発されたように、日産もルノーや三菱と共同開発という選択肢も視野に入っている可能性も否定できません。

いずれにしても、2020年までには両雄の方向性が決まるはずで、登場は2023年以降が有力のようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツ SLの次期型は2021年登場? ダイナミックな快適性を持つモデルに進化
マツダ新型2ドアクーペを開発中か!? MAZDA「MX-30」の商標登録完了
新型ジュークのデビューは9月3日。日産自動車がヘッドライトをティザー公開
デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事