シティ&モトコンポ、N-VANの展示でホンダならでは独創性をアピール【オートモビル カウンシル 2019】

●「マン・マキシマム/メカ・ミニマム」思想を体現するモデルたち

2019年4月5日(金)から7日(日)まで幕張メッセで開催される4回目の「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル 2019)」。ホンダが今年の出展概要を発表しました。

「Honda ものづくり − 継承されるM・M思想〜生活を豊かにする“人中心”のコンセプト〜」というテーマを掲げ、1981年にデビューした「CITY(シティ)」と2018年に発売された「N-VAN(エヌバン)」を展示します。

その心は、過去から脈々と受け継がれる「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」というHondaのクルマづくりの基本思想であるM・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想を伝えるためとしています。

また、シティと同時に発売されたシティ搭載用トランクバイク「MOTOCOMPO(モトコンポ)」、同時期に販売された携帯発電機「デンタ」も展示されます。さらに、同社のデザインスタジオが製作した出展モデルと同色の「シティ・モトコンポ・デンタ」の精巧な1/4スケールのモックアップモデルも注目です。

二輪、四輪、パワープロダクツと広がりのある事業を展開しているホンダの歴史を再確認できそう。

ほかにも「百花繚乱80’s」をテーマに、日産自動車、SUBARU、トヨタ自動車、レクサスと共同出展するブースには、Hondaがピニンファリーナ社の技術協力を得て開発し、1984年に当時14年ぶりに国内メーカーとして発売したオープンモデルである「CITY Cabriolet(シティ カブリオレ)」が展示されます。

(塚田勝弘)

『ホンダ』の最新記事
ホンダ・インサイトがマイナーチェンジ。華やかな内装の新グレードを追加【新車】
ホンダの純正アクセサリー(用品)の適用、在庫などを検索できる「用品適用検索システム」が一般公開
ホンダフリードマイナーチェンジで「FREED Module X」もモデルチェンジして登場。走りの質感向上と、内外装の魅力アップがポイント
ホンダコレクションホール
創業者本田宗一郎の妻への想いがホンダの原点【村上菜つみのミュージアム探訪☆Hondaコレクションホール:二輪編】
ホンダ
ホンダがアメリカでも新型コロナウイルス感染者の搬送車両の提供を開始
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事