新型eKワゴンの外観デザインとパッケージングの進化は?【三菱eKワゴン/eKクロス登場】

「キュート・シック」というデザインコンセプトを掲げる新型eKワゴンは、キュートというキーワードから連想するほど、可愛らしさを強調した外観デザインではなく、表情豊かな立体的なデザインが特徴です。

老若男女を問わず、誰もが自然に乗れる雰囲気で、迫力を前面に押し出したeKクロスとは異なったスリークな上質感が漂います。

フロントマスクは、クロムメッキ加飾が付いた水平基調のフロントグリルからヘッドランプまで連続するデザインが特徴。サイドビューは、リヤに鋭く切り上がっていくベルトライン、彫りの深さを抱かせるキャラクターラインが印象的です。

三菱eKワゴン/eKクロスともにパッケージングもさらに煮詰められています。ホイールベースを65mm延長させたことで、クラストップの後席スペースを確保。また、ホイールベースの延長により荷室長の改善も図られています。

アイポイントとヒップポイントを高めたことで、安心感、見晴らし感の向上を図っています。さらに、ドアガラスを外側に出すことで圧迫感を減らし、肩と肘まわりの空間を拡大。また、前方、上方・下方の視野角もクラストップレベルを実現したとしています。

ボディカラーは、全11色。新色を含めたモノトーン6色、サイドイエローメタリック/ホワイトソリッド(ルーフ)などのSUVテイストをより引き立たせたという5通りの2トーンカラーが設定されています。新型eKワゴンの価格帯は1,377,000円〜1,506,600円。eKクロスは1,414,800円〜1,765,800円です。

(文/写真 塚田勝弘)

『三菱・eKワゴン』の最新記事
三菱・eKワゴン/eKクロスのOEタイヤにヨコハマタイヤの「BluEarth-FE AE30」が選定
【三菱eKクロス試乗】静かで速くなり、しっとりとした乗り味も好印象
日産デイズと三菱eKワゴン/eKクロスの違いから見える、両者の狙いとは?
6年ぶりのフルモデルチェンジ。三菱・eKワゴン/eKクロスの発表会には竹内涼真さんも参加
新型デリカD:5を彷彿とさせる新型eKクロスとはどんな軽自動車?【三菱eKワゴン/eKクロス登場】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事