大幅進化を遂げたツーリングヘルメット! HID内蔵ヘルメットも気になる!!【モーターサイクルショー注目TOPICS】

■ツーリングライダーに、より高い利便性と安全性を!

●SHOEI

世界最高レベルの安全性能と高い利便性を両立させたラインナップで人気のショウエイヘルメット。今年のモーターサイクルショーでは、そんな同社製品のなかでもとくに人気の高いモデル2点をアップグレードし、来場者の注目を集めていました。

GT-Air II
5万5080円〜(税込)

スポーティーかつ安全性の高いフルフェイスながら、インナーサンバイザーを装備することでツーリング時の快適性もおおいに向上させたのがGT-Air。その機能を熟成させたのがGT-Air IIです。

変更点は、まずインナーサンバイザーの面積を拡大。5mm下方に面積を広げることで、サンバイザーの下端から入る日差しを防ぎます。また、サンバイザーのメンテナンス時に活躍する固定レバーを新たに追加するなど、細かいながらも、その利便性をアップさせています。

また、近年のツーリングライダーに必須のアイテムといえば、インカムですよね! GT-Air IIでは、SENA製の専用設計システム「SRL2」が装着可能。スムーズに装着できるのはもちろんのこと、ヘルメットと一体化しようなデザインがスマート! これからインカムとヘルメットを揃えたいというライダーには、非常に嬉しいギミックだといえるでしょう。

他にもベンチレーションの高効率化や内装の見直しなどが図られており、GT-Air IIは今季、大注目のヘルメットです!

J-Cruise II
5万2920円~(税込)

そして、もう1点がJ-Cruise II。こちらもツーリングライダーに高い人気を得るモデルで、GT-Air II同様、インナーサンバイザーの面積拡大やベンチレーションシステムの見直しが図られており、快適性をアップしています。

フルフェイスにはない開放感が人気のジェットヘルメットですが、アップグレードによって使い勝手がさらによくなり、ツーリングのお供には最高のギアになりそうです。

●内蔵小型ディスプレイに情報を表示する近未来ヘルメットも登場!

そしてそして!! なんといってもショウエイブースで大人気だったのが、HUD(ヘッドアップディスプレイ)内蔵ヘルメット「IT-HL(仮称)」。これは、まるで某人気アニメの「スカウター」のようなディスプレイを内蔵したもので、スマートフォンと繋げることによってナビゲーションなどがディスプレイされるという、まさに未来を感じさせるヘルメット。

今回は参考出品としての展示でしたが、なんと体験コーナーを設置。実際に来場者が被って、ディスプレイを体験することができました。ちなみに、整理券はあっという間になくなっていたようです…。

他にもネオレトロデザインで人気のEX-ZEROやフラッグシップモデル・X-Fourteenなど、同社のラインナップが勢ぞろい。どれもが強い個性と高いデザイン性を持っていて、来場者の目を輝かせていました。

(文:佐賀山敏行/写真:星野耕作)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事